MINIオーナー必見!新型ミニクーパーを徹底チェック【写真100枚!!!】

サイドビュー

MINIクーパーS F56 サイドビュー

MINIクーパー F56 サイドビュー

新型MINIはホイールベース(前輪軸と後輪軸の距離)が30mm拡張された。同時にフロントのオーバーハング(前輪軸から先端まで)が伸びたこともあり、予想以上に長くなった印象を受けた。リアに向けてルーフラインが下がり、ウエストラインが上がるMINI特有のスタイリングは健在だ。

MINIクーパー F56 サイドビュー

フロントに向けてのウエストライン。先代MINIよりも丸みがなくなって引き締まったように見える。

MINIクーパー F56 サイドビュー

MINIクーパー F56 サイドビュー  プレスライン

MINIクーパーS F56 プレスライン

注目したいのが、フェンダーアーチ部分のプレスライン。エッジを効かせてサイドのスタイリングにメリハリを出している。ボテっとしたワイド感がシュッと整えられた印象だ。カワイイMINIが気に入っていたオーナーには少し残念かもしれない。

MINIクーパー F56 サイドスカットル

クーパーのサイドスカットル。サイドビューのワンポイントになるMINIにとっては重要なアクセサリーだ。右端にウィンカーを内蔵している。新型MINIには、このサイドスカットルを取り囲むような純正アクセサリーが用意されていて、周辺のくぼみはその受け皿となる。先代MINIは簡単に取り外せることができたため、定番のお手軽カスタマイズパーツだったが、新型ではどうだろうか。

MINIクーパーS F56 サイドスカットル

クーパーSのサイドスカットル。中央部分がクロームパーツになりSのエンブレムが付くリッチな仕様。

MINI F56 ドアミラー

MINI F56 ドアミラー 拡大

ドアミラー。やや大型になった印象を受けた。ミラーキャップは標準でボディカラー同色か、ルーフカラー同色かを選択できる。(クロームはオプション)新型MINIのアクセサリーにも、お馴染みのユニオンジャックやチェッカーフラッグが用意されている。

MINI F56 助手席側のドアハンドル 

ワイドに大きくなったドアハンドル。写真は助手席側。

MINI F56 ドアハンドル 

新型は鍵穴が隠れるようになって一段とスタイリッシュになった。先代MINIと違いドアハンドルの窪みに取り付けられている。内側にはウェルカムライトが装備されている。

MINIクーパーS F56  フューエルキャップ

フューエルキャップは右側に変更。新型MINIもクーパーSはオシャレなビンキャップのようなデザインになる。回して取り外せるような形だが、普通に手前に開閉する。MINIならではのオシャレなパーツだけに、フェンダーアーチのプレスラインと微妙にかぶっているのが、少し残念だ。

MINIクーパー F56  フューエルキャップ

クーパーはボディラインに沿ったシンプルなフューエルキャップになる。未確認だが、クーパーSのフューエルキャップもオプションで取り付けられるはずだ。

MINIクーパー F56 Aピラー拡大

Aピラーとルーフのモール部分。先代MINIとほぼ同じ処理のようだ。

MINIクーパー F56 モール拡大

ウィンドウのモール部分。こちらの処理も同じ。

スポンサーリンク

お勧めMINIグッズ

クリックで光る!ミニクーパーのワイヤレスマウス

 選べる7色のカラーバリエーション

 MINI正規ライセンス品 クリックでヘッドライトとリアライトが点灯【送料無料】

お勧めMINIグッズ

MINI純正【 新型ミニクーパーSのミニカー 】

オレンジ/レッド/ブラックの3色

ボンネット、ドア、トランクの開閉が可能な1/18スケールの精巧モデル。