リコール:第二世代MINIのディーゼル 走行中にエンジン停止のおそれ

ミニクーパーのリコール

2021年1月18日に、BMW株式会社から国土交通大臣に対してリコールの届出がありました。

不具合箇所は「ディーゼルエンジンのタイミングチェーン」です。素材と表面加工の選定が不適切なため、強度不足でエンジン作動中に破断するおそれがあります。最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動ができなくなります。

リコールの対象となるモデルは、平成26年7月1日から平成27年5月29日に製作された、第二世代のMINIクロスオーバー(R60)と、MINIペースマン(R61)のディーゼルエンジンモデルです。すでに48件もの不具合が発生しています。

対象車の使用者には、ダイレクトメール等で通知されます。

リコール対象車

第二世代MINIのクーパーD/クーパーSD

ミニクロスオーバー R60 クーパーSD

対象車 全体の製作範囲
平成26年7月1日 ~ 平成27年5月29日
※対象とならない車両も含まれる
対象車台数
合計 4945台
型式 通称名
LDA-XD20F/LDA-XD20A/LDA-ZB20 MINI クロスオーバー(R60)
COOPER D
COOPER D ALL4
COOPER SD
LDA-RS20 MINI ペースマン(R61)
COOPER D

リコール対象車の車台番号

> 車台番号を検索

備考:対象車両であっても既に対策修理済みの場合は、該当リコール無しと表示されます。

不具合内容

部位(部品名)

原動機(エンジン)

概要

直列4気筒ディーゼルエンジンにおいて、タイミングチェーンの素材と表面加工の選定が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、エンジン作動中にタイミングチェーンが破断し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

改善措置

全車両、タイミングチェーンを対策品に交換する。

その他

  • リコール届出番号:外-3157
  • リコール開始日:令和3年1月18日
  • 不具合件数:48件
  • 事故の有無:0件
  • 発見の動機:日本市場からの情報
  • 改善実施済車には、左フロントドア、ロワヒンジのボルトの頭に白ペイントを塗布する。

周知させるための措置

  • 使用者:ダイレクト メール等で通知する。
  • 自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
  • MINIのホームページに記載する。

改善箇所説明図

リコールの不具合箇所

関連リンク

MINI Japan

令和3年1月18日 国土交通省

text by minicooper-sketch.com

スポンサーリンク