祝 BMW製MINIの国内累計販売台数が「30万台」を達成!

2002年3月2日(ミニの日)に国内販売を開始したMINIブランドの累計販売台数が、2020年夏に30万台を達成(BMW公式発表)。

記念すべき30万台目のMINIは、MINI5ドアのワンをベースにした人気の特別仕様車「ヴィクトリア」。オーナーには記念品として、購入したMINIのイラストが描かれた額縁が贈呈された。

長いあいだ英国ブランドとして愛されていたMINIは、1994年にドイツのBMW社が買収。ミニマムなキャラクターに現代的なアレンジが加えられ、2001年にBMW製の「NEW MINI」として新たに生まれ変わった。国内では、ミニの日となる2002年の3月2日に発売。現在は第3世代目のモデルを販売している。

国内販売30万台目の購入者

記念すべき30万台目のMINIをゲットした購入者(都内在住)に、記念品が贈呈された。

発売当初はMINIの基本となる3ドアのハッチバックのみであったが、その後、3ドアをベースにしたオープンモデルの「MINIコンバーチブル」を導入。第2世代目では、観音開きのバックドアをもつ個性派の「MINIクラブマン」や、ファミリーユースにも対応できる5ドアSUVの「MINIクロスオーバー」などを導入してモデルラインアップを拡大。現行型となる第3世代目では、3ドアのプロポーションを維持しながらも、後席ドアを付けて実用性を高めた「MINI 5ドア」を導入した。

国内販売30万台目のMINI

30万台目のMINIは、スターライトブルーのヴィクトリアをホワイルーフ化したコダワリ仕様。

日本自動車輸入組合が発表する外国メーカー車モデル別新車登録台数においては、発売当初となる2002年からトップ5内の常連となっている。2016年からは4年連続で1位となり、2020年上半期においても1位となるなど、輸入車の中でも安定した人気を博している。

text by minicooper-sketch.com

スポンサーリンク