MINI クラブマン ジョンクーパーワークス(F54)のスペック / 諸元 | MINI COOPER Sketch

MINI クラブマン ジョンクーパーワークス(F54)のスペック / 諸元

MINI クラブマン F54 ジョンクーパーワークス(JCW) チリレッド

photo:MINI CLUBMAN JCW(F54)

INDEX

MINI クラブマン ジョンクーパーワークス

  1. 基本スペック/価格
  2. 詳細スペック(諸元)
    ボディサイズ / 最低地上高エンジン / 性能トランスミッション / 変速比4WDのメカニズムサスペンション / ブレーキ / ステアリングホイール / タイヤサイズ走行安定システム / 安全装置

※掲載内容は2016年9月現在のものです(欧州仕様含む)。仕様は予告なく変更される場合があります。

基本スペック/価格

マイナーチェンジ(後期型)
2019年夏

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

Check! ジョンクーパーワークスがマイチェン!MINI史上最強の306馬力に進化!

2017年1月25日~

MINI クラブマン F54 ジョンクーパーワークス(JCW) チリレッド リア

MINI クラブマン F54 ジョンクーパーワークス(JCW) 専用色 レベルグリーン

  MINI クラブマン
ジョンクーパーワークス
モデル世代/コード 第3世代(F系)F54
国内発売日 2017年 1月25日
型式 DBA-LVJCW
価格 (税込)
※2018年6月現在
538万円
新車見積り
オートックワン
ネットで見積り
駆動方式 4WD(四輪駆動)
トランスミッション 8速AT
エンジン ガソリン
B48A20B
4気筒 DOHC
2.0L
過給機 MINI ツインパワーターボ
最高出力 / 回転数 231ps(170kW)5000rpm
最大トルク / 回転数 350Nm 1450~4600rpm
加速 0~100km/h
※欧州仕様車
6.3秒
燃費 JC08モード 14.2km/L
燃料 ハイオク
燃料タンク容量 48L
全長×全幅×全高 4270×1800×1470mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1550kg
トランク容量 360L(最大1250Lまで拡張可能)
乗車定員 5人
後部座席 4:2:4の3分割可倒式バックレスト
主な標準装備
※2018年6月現在
ナビ(タッチスクリーン)/ETC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)/衝突回避、被害軽減ブレーキ/ヘッドアップディスプレイ/リアビューカメラ/リアPDC/マルチファンクションステアリング/パドルシフト/スポーツAT/MINIドライビングモード/ダイナミカ&レザー スポーツシート/シートヒーター(前席左右)/ヒーター付ウィンドスクリーン/コンフォートアクセス/LEDヘッドライト/LEDリアコンビランプ/スポーツサスペンション/19インチホイール/John Cooper Worksエアロダイナミックキット/John Cooper Worksツインエキゾーストテールパイプ

スポンサーリンク

MINIクラブマンのグレード一覧

エントリーモデル MINI ONE(ミニワン)
スタンダードモデル MINI COOPER(ミニクーパー)
スポーツモデル MINI COOPER S(ミニクーパーS)
MINI COOPER S ALL4(ミニクーパーS ALL4)
※四輪駆動モデル
ハイパフォーマンスモデル JOHN COOPER WORKS(ジョンクーパーワークス)
※当ページ掲載モデル

ジョンクーパーワークスの詳細スペック(諸元)

F56 エンジン MINIツインパワーターボ

INDEX

  1. ボディサイズ / 最低地上高
  2. エンジン / 性能
  3. トランスミッション / 変速比
  4. 4WDのメカニズム
  5. サスペンション / ブレーキ / ステアリング
  6. ホイールサイズ / タイヤサイズ
  7. 走行安定システム / 安全装置

ボディサイズ / 最低地上高

全長×全幅×全高 4270×1800×1470mm
ホイールベース 2670mm
トレッド 前 / 後 1560 / 1561mm
最小回転半径 5.5m
最低地上高(空車時) 141mm
トランク容量 360L(最大1250Lまで拡張可能)
車両重量 1550kg

エンジン / 性能

タイプ ガソリンエンジン
エンジン型式 B48A20B(BMW製)
気筒 / レイアウト / バルブ 4 / DOHC / 4
総排気量 1998cc
過給機 MINIツインパワー ターボ
(ターボチャージャー / 直接噴射 / 無段階可変バルブ制御(BMW バルブトロニック) / カムシャフト位相可変装置)
ストローク / ボア 94.6 / 82.0
最高出力 / 回転数 231ps(170kW) 5000rpm
最大トルク / 回転数 350Nm 1450~4600rpm
圧縮比 10.2
燃料供給装置 電子燃料噴射装置
パワーウェイトレシオ
※欧州仕様車
8.8kg/kW
加速性能
0~100km/h
※欧州仕様車
6.3秒
最高速度
※欧州仕様車
238km/h
燃費 JC08モード 14.2km/L
排出ガス規制 EU6
平成27年度 燃費基準
平成17年度 排出ガス基準
燃料 ハイオク(無鉛プレミアムガソリン)
燃料タンク容量 48L
エンジンオイル 5.25L
バッテリー容量 / 位置 70Ah / エンジンルーム
オルタネーター 150A

Check! 第3世代MINI 最高出力&加速ランキング

トランスミッション / 変速比

駆動方式 4WD(四輪駆動)
トランスミッション 8速AT(アイシン製) / MTなし
※ATはステップトロニック(マニュアルモード)付き
変速比 AT 1速 5.250|2速 3.029|3速 1.950|4速 1.457|5速 1.221|6速 1.000|7速 0.809|8速 0.673|後退 4.015|最終減速比 3.200|

4WDのメカニズム

MINI クラブマン F54 ミニクーパーS ALL4 4WDのメカニズム

ALL4
四輪駆動システム
電子制御クラッチがダイナミックスタビリティコントロール(DSC)と連携して、あらゆる路面で最大限のパワーを伝達する。
走行状態に応じて駆動トルクを無段階式でフロント・アクスルとリア・アクスルに分配。直線走行などの通常走行では駆動力をフロントに100%分配。オーバーステアやアンダーステアの可能性があるハードなコーナリングでは、駆動力の一部をリアに分配して安定した走行を実現。雪や雨による滑りやすい路面でフロントタイヤがスリップ(トラクションの低下)した場合、状況に応じて最適な駆動力をリアに分配。凹凸のある路面では最適なトラクションをフロントとリアに与えてタイヤの空転を減らす。

サスペンション / ブレーキ / ステアリング

サスペンション 前 マクファーソン シングルジョイントサスペンション ストラット アクスル(アルミ製ピボットベアリング、アンチダイブ機能付き)
サスペンション 後 マルチリンクアクスル、軽量構造のトレーリングアーム付き
ブレーキ 前 ベンチレーションディスク
ブレーキ 後 ディスク
パーキングブレーキ 電気式
ステアリング サーボトロニック機能付きの電動パワーステアリング(EPS)
ステアリング ギヤ比 14.0
ステアリング調整機能 チルト(上下) / テレスコピック(前後)

ホイールサイズ / タイヤサイズ

17インチ 7.5J×17 225/45 R17
18インチ 8J×18 225/40 R18
19インチ 8J×19 225/35 R19(標準装備)
ホイールピッチ(PCD) 112
穴数 5穴

走行安定システム / 安全装置

搭載システム アンチロックブレーキシステム(ABS) / エレクトロニックブレーキフォースディストリビューション(EBD)およびコーナリングブレーキコントロール(CBC)付き油圧式2回路ブレーキ システム / ブレーキアシスタント / 坂道発進アシスタント / ダイナミックトラクションコントロール(DTC)およびエレクトロニックディファレンシャルロックコントロール(EDLC)付きダイナミックスタビリティコントロール(DSC)。ハンドブレーキは機械的にリアホイールに作用。
安全装置 8エアバッグ / イモビライザー / タイヤ空気圧警告システム / ISOFIX チャイルドシートアタッチメント(リア) / ダイナミックブレーキライト / ハイマウントストップランプ

関連記事

最速ミニクラブマン ジョンクーパーワークス発売!豪華装備で500万円

▼ クルマを高く売るなら下取りよりネット査定

翌日18時には査定額が分かる「ウーロ」

現車確認なしで翌日18時には各社の査定額を一斉表示!「ウーロ」なら概算の査定額が簡単に分かります。高額査定の買取店2社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける心配はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方にお勧めなクルマ買取サービスです。

Check!車の売却は、ディーラーが査定した下取り額とクルマ買取店の査定額を比べて、少しでも高い方に売るのが鉄則です。特に人気車種や年式の新しい車は買取店のほうが圧倒的に有利です。10万円以上の差がつくことも珍しくありません。

スポンサーリンク