MINIのナンバープレートをスタイリッシュに変える「ナンバースモーラー」 | MINI COOPER Sketch

MINIのナンバープレートをスタイリッシュに変える「ナンバースモーラー」

MINI ナンバーフレーム ナンバースモーラー

クルマのエクステリアで妥協せざるを得ないのがナンバープレート。フロントとリアの最も目立つ場所に飾られる、この白くて味気ないプレートは、美しくスタイリッシュなクルマをちょっと残念なデザインにしてしまう。とりわけデザインにコダワリの強いMINIオーナーにとっては、できるものなら解決したい課題だろう。

そんな悩みを解決してくれるカスタムパーツが、カーナビ関連のアフターパーツでお馴染みの「ナビ男くん」から新登場。その名は「ナンバー・スモーラー」。ナンバープレートの余白を覆い隠す新発想のフレームで、ナンバープレートを目立たなくすることができる優れモノだ。

ナンバースモーラーの価格は、1,980~9,600円(税込)

新発想フレームでナンバープレートが「25%」小さく見える!

平成28の新基準に適合済みで、車検もOK

ナビ男くん ナンバー・スモーラー

ナンバースモーラーは、ナンバープレートの表示スペースを平成28年に改正された新基準で許される限界まで縮小することによって、面積を「25%」も削減。ひと回り小さくなったナンバープレートは、以前よりも目立たなくなり、ボディとの一体感も強くなる。

市販されている多くのナンバーフレームは、クロームメッキやカーボン調、ブランドロゴなどで装飾され「ナンバープレートをリッチにする」アイテムだが、ナンバースモーラーは、その逆で「ナンバープレートの存在感を消す」という狙いで開発された。独創的なデザインが魅力のMINIにとっては、後者の発想は非常に相性がいい。

前用ナンバーのフレームと、後ろ用ナンバーのフレームは、一部が異なる形状となっているため別々の商品となる。素材は高品質な耐熱性樹脂を使用しているため、歪みや経年劣化にも強い。

取り付け方法は、標準のナンバープレートを固定しているボルトで友締めするだけなので、誰でも簡単に装着ができる。

MINI専用ボディカラーでオーダー塗装可能!

「ボディ同色/マットブラック/ピアノブラック」から選択

ナビ男くん ナンバースモーラー

ナンバースモーラーのカラーは、完成品の「マットブラック(艶消し黒)」と「ピアノブラック(艶黒)」の2つに加えて、MINI専用のボディカラーでフルオーダー塗装ができる「MINI PROセット」が用意されている。受注生産となるため、納期は7から10日ほど必要だが、自動車塗装の職人が仕上げるため、クオリティに不安はない。

オンラインショップの「MINI PROセット」オーダーフォームには、あらかじめF系MINIの主要なボディカラーリストが用意されおり、「ペッパーホワイト」や「ボルカニックオレンジ」、メタリックの「エレクトリックブルー」や「サンダーグレー」など、注文時に任意のカラーを指定するだけで塗装されたフレームを購入することができる。リストにないカラーも、「ボディカラー名」と「色番号」でオーダーが可能だ。

F系MINIの場合、前用のナンバーフレームはフロントバンパーのブラックパーツに合わせて「マットブラックかピアノブラック」、後ろ用のナンバーフレームは「ボディ同色」とするのがベーシックな選択となる。ただし、クロスオーバーはフロントのデザインが異なるため、標準フロントバンパーには「ボディ同色」、ピアノブラックのALL4エクステリア バンパーには「マットブラックかピアノブラック」という選択になりそうだ。

装着イメージ

前用ナンバーフレーム/ピアノブラック

  • 装着前
  • ミニクラブマン F54 ナンバーフレーム ナンバースモーラー装着後
  • 装着前
  • ミニクラブマン F54 ナンバーフレーム ナンバースモーラー 拡大写真装着後

写真は、クラブマン(F54)のフロントナンバープレートに、「ピアノブラック」のナンバースモーラーを装着したイメージ。ナンバープレートの面積が25%削減されている効果はハッキリと認識できる。プレートの白い領域がひと回り小さくなったことによって、存在感が低下し、なおかつピアノブラックのフロントバンパーと一体感が生まれている。装着後の写真をしばらく見た後に、装着前の写真に目を戻すと、従来のナンバーが妙に大きく見えるのが面白い。とくにブラック系のディープカラーでは、その効果が大きいと感じる。

ただし、ピアノブラックのフレームの場合、フロントバンパーとの一体感は強いものの、光沢のあるフレームはかえって目立ってしまうかもしれない。フロントの最前面という位置もそうさせる。純粋にナンバープレートを目立ちにくくしたい場合は、「マットブラック」のほうが効果的かもしれない。

また、フロントバンパーが未塗装のマットブラックとなる、3ドア/5ドアのワンや、クラブマンのワンの場合も、バンパーカラーに合わせてマットブラックを選択したい。

後ろ用ナンバーフレーム/ボディ同色

  • 装着前
  • ミニ5ドア F55 ナンバーフレーム ナンバースモーラー ボディ同色装着後
  • 装着前
  • ミニ5ドア F55 ナンバーフレーム ナンバースモーラー ボディ同色 拡大写真装着後

写真は、ミニ5ドア(F55)のリアナンバープレートに、「ボディ同色:エレクトリックブルー メタリック」のナンバースモーラーを装着したイメージ。こちらもナンバープレートの白い領域が小さくなり、目立ちにくくなっているのが認識できる。

装着前は、「左テールランプ、ナンバープレート、右テールランプ」の3つが、同等の存在感を放っているが、装着後は、左右のテールランプが主役となり、ナンバープレートは一歩さがった印象となっている。余談だが、ナンバープレートのフレームひとつで、リアフェイスのバランスを変化させることができる点に、ドレスアップの奥深さを改めて痛感。

前用&後ろ用ナンバーフレーム/ボディ同色

ミニクロスオーバー F60 ナンバーフレーム ナンバースモーラー ボディ同色

写真は、ミニクロスオーバー(F60)のフロントとリアのナンバープレートに、「ボディ同色:アイランドブルー メタリック」のナンバースモーラーを装着したイメージ。狙い通り、ボディとの一体感が高まっている。フレーム形状がシンプルなデザインのため、純正のナンバープレートかと思うくらい自然だ。

車高の高いクロスオーバーのリアナンバーは、他のモデルよりも高い位置にあって目立つため、効果は一段と大きい。「クロスオーバーのリアには、ボディ同色フレームがマストアイテム!」と言いたくなるほど、筆者にはベストマッチに映っている。

カラーラインナップと価格

ボディカラーのオーダー塗装は、9,600円

気になるオーダー塗装の価格は、ナンバースモーラー本体込みで「1個 9,600円」。未塗装が「1,980円」となるため、オーダー塗装費用は実質「約7,600円」となる。オーダーの手軽さを加味すれば、なかなか良心的な価格だ。

ナンバー
スモーラー
カラー 価格(税込)
フレーム1個分
前用フレーム
後ろ用フレーム
マットブラック(艶消し黒) 3,300円
ピアノブラック(艶黒) 4,100円
MINI専用ボディカラーでオーダー塗装
(MINI PROセット)
9,600円
未塗装 1,980円

例えば、前用フレームを完成品の「マットブラック」、後ろ用フレームを「ボルカニックオレンジ」でオーダー塗装すると、合計「12,900円+送料」となる。自分で取り付けができるため工賃が不要な点や、ドレスアップ効果を考えるとコストパフォーマンスはなかなか高い。

オンラインショップ

ナビ男くん Yahoo!ショップ

text by minicooper-sketch.com

SHARE Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

スポンサーリンク

お勧めMINIグッズ

クリックで光る!ミニクーパーのワイヤレスマウス

 選べる7色のカラーバリエーション

 MINI正規ライセンス品 クリックでヘッドライトとリアライトが点灯【送料無料】

お勧めMINIグッズ

MINI純正【 新型ミニクーパーSのミニカー 】

オレンジ/レッド/ブラックの3色

ボンネット、ドア、トランクの開閉が可能な1/18スケールの精巧モデル。