MINIオーナー必見!新型ミニクーパーを徹底チェック【写真100枚!!!】

クーパーSのフロントグリル

MINI F56  クーパーSのフロントフェイス

MINI F56  クーパーSのフロントグリル ハニカム構造

MINI F56  クーパーSのフロントグリル ハニカム構造 拡大

クーパーSはスポーティなハニカム(六角形)のグリルを装備。先代MINIよりも通気口が大きくなっている。(洗車が楽になったかも)

MINI F56  クーパーSのフロントグリル

新型MINIはグリルのフレームとバンパーが一体化しているため、グリル全体が大きな口に見える。MINIはグリルフレームをブラックアウトしたりボディ同色に塗装するカスタマイズが定番なので、これまで以上に熱いカスタマイズが期待できそうだ。

MINI F56  クーパーSのフロントグリル Sエンブレム

MINI F56  クーパーSのフロントグリル Sエンブレム拡大

グリル右端には赤いSのエンブレムが付く。好みが分かれそうな装飾のため、取り外せるのか気になっていたが、グリルに台座があり完全に取り払うことはできないようだ。

クーパーのフロントグリル

MINI F56 クーパーのフロントフェイス

MINI F56 クーパーのフロントグリル

クーパーはルーバータイプ(羽板)のグリルを装備。このクロームパーツがクラシカルな煌びやかさのあるクーパーの顔をつくっている。先代MINI(R56)と同じく3本のルーバーで構成される。クーパーSと同様に、グリル下に艶のあるブラックパーツを押し出すことにより、メリハリをつけたフロントフェイスに仕上げている。

MINI F56 クーパーのフロントグリル 取付け

MINI F56 クーパーのフロントグリル 取付け

筆者が個人的に気になってしまったのは、グリルの取付け部分。好みによってクーパーの煌びやかなクロームグリルをクーパーSのスポーティなグリルに変更したい場合があるからだ。先代MIMI(R56)は、クーパーとクーパーSの下側のグリルフレームが異なっていたため、取付けに加工が必要だった。新型はグリルフレームが同じに見えるので、そのまま取り付けることができそうだ。(注意:あくまで予測レベルです)

▼ 当サイトお勧め!車の査定買取サービス

車の確認なしで査定額を提示「MOTA」

現車の確認なしで各社の概算査定額がネットで分かる「MOTA(モータ)」。高額査定の買取店3社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける苦痛はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方や、しつこい電話が苦手な方にお勧めです。

▼ MINI認定中古車 「MINI NEXT」

充実の保証でMINI初心者にお勧め

MINI認定中古車は、もっとも安心して購入できるMINIの中古車です。万が一、故障が発生しても最寄りのMINIディーラーで無償修理(最長で4年間)が受けられます。はじめてのMINIで維持費が心配な方は、必ず認定中古車から選びましょう。走行距離無制限(一部除く)の保証が付くため、年間の走行距離が多い方にもおすすめです。

MINI認定中古車を見る

スポンサーリンク