第3世代 新型MINIクロスオーバー(F60) スパイショット! | MINI COOPER Sketch

第3世代 新型MINIクロスオーバー(F60) スパイショット!

mini-crossover-f60-spy-photo-main

次世代MINIクロスオーバー(海外名:カントリーマン)のスパイショットが「autowereld.com」などの海外メディアで報じられている。

カモフラージュされた車体からも分かるように、次世代クロスオーバーはボディが大型化。これまでで最大のMINIとして生まれ変わることが確実となった。エンジンは新型MINIハッチバック(F56)と同様に、3気筒と4気筒のターボが搭載される。

現行モデル(R60)のミニクロスオーバーは、MINI販売台数の4割を占める人気モデルとなっているが、ドラスティックな大型化で市場にどう受け入れられるか興味深い。

次世代MINIファミリーの中で競合となるモデルは、同様に大型化される次期クラブマン(F54)になるだろう。

次期クロスオーバーのデビューは2017年頃と報じられている。(追記:2016年にデビュー予定)

スポンサーリンク

SUVらしくないスタイリング!?

mini-crossover-f60-spy-photo-01
photo credit : Automedia (引用元:autowereld.com

フロントフェイスはカモフラージュにより分かりにくいが、フロントグリルのデザインには大きな変化は無いようだ。車幅拡大の影響か、ヘッドライトのウインカーランプが外側に配置されている。

mini-crossover-f60-spy-photo-02
photo credit : Automedia (引用元:autowereld.com

全体的に低くワイドなスタイリングになっており、現行モデルよりもSUV感が弱まっている印象。AWD(四輪駆動)仕様も設定されると思われるが、オフロードをゴリゴリ走破するイメージは持てない。

mini-crossover-f60-spy-photo-03
photo credit : Automedia (引用元:autowereld.com

サイドスタイルは全長の拡大に伴いスタイリッシュになった印象。リアのドアはフロントよりも小さいようだ。その代わり、現行モデルに比べラゲッジ部分が延長されている。MINIファミリー共有のエレメントであるサイドスカットルが無いのは、開発中のためだろうか。

mini-crossover-f60-spy-photo-04
photo credit : Automedia (引用元:autowereld.com

リアウィンドウがルーフテールの傾斜と共に絞られ小さくなっている。マフラーは現行モデルのクーパーSと同様に両サイド2本出し。

ナンバープレートの上部に備わっているのはバックドアハンドル? 現行モデルはリアゲートのハンドルがMINIのウィングマークに隠れる面白いデザインになっていた。新型MINIハッチバック(F56)と同様に、使いやすさと引き換えにMINIの個性が削られている一面かもしれない。

追記:新型MINIクロスオーバー発表!

新型MINI クロスオーバー(F60) 発表!ハイブリッドもラインナップ

text by minicooper-sketch.com

▼ クルマを高く売るなら下取りよりネット査定

翌日18時には査定額が分かる「ウーロ」

現車確認なしで翌日18時には各社の査定額を一斉表示!「ウーロ」なら概算の査定額が簡単に分かります。高額査定の買取店2社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける心配はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方にお勧めなクルマ買取サービスです。

Check!新車のMINIを安く買うコツ
ディーラーが査定した下取り額とクルマ買取店の査定額を比べて、少しでも高い方に売るのが鉄則です。10万円以上の差がつくのも珍しくありません。多少の手間で、欲しかったオプションやアクセサリーの購入資金が手に入るかも。

スポンサーリンク