最後のガソリンエンジン 新型MINI「クーパーS」が初公開!

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年

約10年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型MINI3ドアの「クーパーS」が、ついに正式公開された。

クーパーSは、2リッター4気筒のガソリンエンジンを搭載したスポーツグレードで、MINIならではの活発な走りを楽しみたい方にとって大本命なモデルとなる。

とはいえ、5か月前の2023年9月に公開されたBEV(バッテリー式電気自動車)の「クーパーSE(詳細記事)」と、ほぼ同じデザインとなっているため、それほど新鮮味がない初公開となった。

納車開始は英国で2024年春、国内では2024年後半を予定している(詳しくはMINI正規ディーラーへ)。

スポンサーリンク

よりパワフルに進化!

クーパーSは、初の200馬力オーバー!

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年

写真のボディカラーは新設定の「オーシャンウェーブグリーン」

搭載されるBMW製エンジンのバリエーションは先代(F56)と同じだが、スペックは最高出力&最大トルク共に向上しているため、先代以上に楽しいドライブが期待できそうだ。特に標準グレードとなる「クーパーC」の性能アップは期待が高まる。

組み合わせるトランスミッションも先代(前期型は6AT)と同様に7速DCTを採用、全モデルで前輪駆動となる。

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 リアビュー

「クーパーS」は、2リッター4気筒のガソリンターボで、最高出力204ps(150kW)、最大トルク300Nm、0-100km/h加速は6.6秒。先代の「クーパーS(F56)」に比べ、最高出力は12ps、最大トルクは20Nm向上している。0-100加速は0.1秒の短縮に留まる。

「クーパーC」は、1.5リッター3気筒のガソリンターボで、最高出力156ps(115kW)、最大トルク230Nm、0-100km/h加速は7.7秒。先代の「クーパー(F56/後期型)」に比べ、最高出力は20ps、最大トルクは10Nm向上。20psもアップした最高出力の効果か、0-100加速は0.4秒も短縮している。

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 サイドビュー

タイヤサイズは、先代の「205/45 R17」から「215/45 R17」に変更(幅広になった)

ボディサイズは「全長3876mm/全幅1744/全高1432mm」(欧州仕様)で、先代(F56/後期型)に比べて全長と全高はほぼ同じだが、全幅は少し小さくなった。具体的には、先代より全長が4mm(クーパーCは11mm)、全高が2mm大きく、全幅は19mm小さい。ホイールベースは変わらず、2495mmとなる。

さよなら、テールパイプ

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 リアビュー

パワーアップした一方で、クーパーSのリアエンドに内燃機関の終わりを感じさせる変更が施されていた。

なんと「クーパーS」の魅力の1つであったセンター2本出しテールパイプが消失し、過去のものとなってしまった(排気管は見えな位置に隠されている)。これは非常に残念なことだが、EV時代へ向けて価値観の転換を迫られているようだ。

さよなら、エアインテーク

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ヘッドライト

もう一つクーパーSの象徴であったボンネットのエアインテークも消失。もともとインテーク風の装飾であって機能性は無かったが、テールパイプと共に消えたことで、全体的に弱々しい印象を与えるルックスになってしまったのは否めない。

無駄を省いて、よりMINIらしく

ミニ3ドア F56 クーパーS LCI2 ルーフトップグレー

写真は先代(F56)のクーパーS(2021年5月に二度目のマイナーチェンジを受けた後期型)、これがボンネットのエアインテーク(装飾)とリアのテールパイプの見納めとなった。

新世代MINIのデザインコンセプトはデザイン責任者のオリバー・ハイルマーによって公式に明言されている。それは「カリスマティック・シンプリシティ」。超簡単に言うと「無駄を省いて、MINIらしさをより際立たせる」こと。

その無駄な要素に、内燃機関のイメージが強いこの2つ「テールパイプ/エアインテーク」が該当したという事実を正座して受け止めたい。

スポンサーリンク

外装:クーパーSEとの主な違い

EV専門ブランドへの布石が見える

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 バックドアハンドル

先に発表されたBEVの「クーパーSE(詳細記事)」と当発表の「クーパーS」は、ほぼ同じボディサイズだが、素性の異なるプラットフォームを使用している。クーパーSEはBEV専用に新開発されたもので、クーパーSは先代(F56)で使用していた内燃機関用の改良版となっている。

そのため、テクノロジー的にはまったくの別モデルといえる。実際にホイールベース(前輪軸から後輪軸までの長さ)は、クーパーSEの方が31mmも長く、車両重量は床下のバッテリーの影響で約300kgも重い。

だが、内外装のデザインは意図的に近いものが採用されており、MINIに興味の無い方にとっては、ほとんど同じモデルに見えるレベルとなっている。

2024年フルモデルチェンジ 新型ミニクロスオーバー U25と3ドアの比較

新世代MINIを象徴するモデルとなるBEVの「MINIクーパーSE」と「MINIカントリーマンSE」

これは、同じ新世代MINIとなるSUVの新型「MINIカントリーマン(詳細記事)」でも同様で、この戦略は将来的にガソリンエンジンからBVEへの全面移行をスムーズにするためとみる。

実際にMINIは2021年3月に「2030年代初頭までにEVのみのブランドになる」と公言しており、そこへ向けての準備が既に始まっているからだ。逆算すると、計画に変更がなければ、当世代がガソリンエンジンを搭載した最後のモデルということになる。

フロントフェイスの印象に違いアリ

第4世代MINI ミニクーパーS F66 ミニクーパーSE J01 フロントフェイスの違い 2024年

とはいえ、小さくも意外に大きな違いを生んでいるポイントをフロントエンドで発見した。ボンネットのパーティングライン(開口部の境界線)だ。

ガソリンエンジンを搭載したクーパーSは、先代と同様にヘッドライトの下、正面を上下に二分する位置にあるが、モーターを搭載したクーパーSEは、もっと高い位置(フロントエンブレム上部)にある。

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 フロントコーナー

ミニクーパーSE J01 2024年 フロントフェイス

あくまで筆者の主観だが、この違いによってクーパーSEは、クーパーSよりもフロントグリルが先端にある、つまりノーズが突き出しいるように見え、全体的に引き締まったシャープな顔つきになっている。

いっぽうクーパーSのヘッドライトは、太めのブラックリングで囲まれているため、目元のクッキリ感が強い。

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ヘッドライト

フロントグリル中央には、BMWグループで最小のレーダーセンサーが備わり、合計で12個の超音波センサーが運転支援システムをサポート

このほか、クーパーSのフロントグリルにはエアインテークのメッシュをイメージさせるパターン、下部のロアグリルは、クーパーSEよりも少し大きくなっていて、若干のスポーティ感アップに貢献しているようだ。

フェンダーアーチモールは生き残った

第4世代MINI ミニクーパーS F66 ミニクーパーSE J01 外装の違い サイド 2024年

クーパーSEのボディサイズは「全長3858mm/全幅1756/全高1460mm」で、クーパーSに比べて全長は18mm小さく、全幅は12mm、全高は28mmも大きい。ほんの僅かな違いだが、クーパーSEの方がチョロQ系、つまり前後が短く背が高い寸詰まりなプロポーションといえる。

サイドビューの違いが最も大きい。クーパーSには、歴代のMINIと同様にボディ保護とタイヤ周りを大きく見せる効果があるフェンダーアーチモールが備わっているが、クーパーSEにはそれが無い。空気抵抗の削減と共に、泥臭い無塗装のフェンダーアーチは、BVEのクリーンでシンプルなイメージには不要という判断だろうか。

このほか、クーパーSEはフロントガラスの角度が浅く、ドアハンドルは従来のグリップタイプではなくフラップタイプになっており、優れた空力性能を感じさせる最新モデルという印象を与えている。

リアの違いは僅か

第4世代MINI ミニクーパーS F66 ミニクーパーSE J01 外装の違い リア 2024年

リアはいっけん同じに見えるが、リアバンパー下部のロアスカートに僅かな違いがある。

クーパーSはクーパーSEよりも、縦に大きくなっており、水平のキャラクターラインを与えることで、ほんの少しだけアグレッシブな印象になっている。

センター2本出しのテールパイプがあった先代に比べると、かなり寂しく感じるのがホンネだ。

この他には、クーパーSEの方はテールライトの位置が少しアッパーよりになっており、全体的に少しシャープな印象を与えるプロポーションになっている。

スポンサーリンク

フォトギャラリー

MINIクーパーS(オーシャンウェーブグリーン)

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 フロントホイール

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ヘッドライトのインナー

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 テールライト

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 内装

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ステアリングホイール

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 内装

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ダッシュボード

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 エンジンスイッチ

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 エアコン吹き出し口

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ドアハンドル

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 ハーマン/カードン オーディオ スピーカー(Aピラー)

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 フロントシート

第4世代 ミニクーパーS 3ドア F66 2024年 後部座席

公式プロモーション動画

▼ 関連記事

インフォテイメントシステムの詳細解説

次世代MINI 円形ディスプレイの新オペレーティングシステムを発表!

MINIの人気SUVもモデルチェンジ!

新型MINIカントリーマンの国内予約を開始!489万円から

text by minicooper-sketch.com