MINI 3ドア/5ドア 内装を彩るインテリアサーフェスとカラーライン | MINI COOPER Sketch

MINI 3ドア/5ドア 内装を彩るインテリアサーフェスとカラーライン

MINI 3ドア/5ドアのインテリアサーフェスとカラーライン

第三世代目のMINI3ドア(F56)と5ドア(F55)にも、これまでのMINIと同様に、豊富なインテリアオプションが用意されている。

その中心的なオプションとなるのが、ダッシュボードやドアの内側を演出する「インテリアサーフェス」と、内装のイメージカラーを担う「カラーライン」。この2つの組み合わせによって、MINIの内装を自分好みにイメージチェンジすることができる。

MINIはファッションのようにデザインを楽しむことができるクルマ。ボディカラーを選ぶように、内装にもこだわって、自分だけのMINIに仕上げよう。

スポンサーリンク

INDEX

  1. インテリアサーフェス/カラーラインとは?
  2. 各グレードの標準装備
  3. インテリアサーフェスのオプション
  4. カラーラインのオプション
  5. オプション価格 一覧
  6. オプションの組み合わせに注意

インテリアサーフェス/カラーラインとは?

MINI インテリアサーフェスとカラーライン
艶黒:インテリアサーフェス 白:カラーライン

インテリアサーフェスは、模様や色/質感を演出するインテリアパネル。上記の写真では「艶のあるブラックパネルの部分が、インテリアサーフェス」となる。ダッシュボードだけではなく、ドア側にも備わり、室内全体の質感に大きく影響する。

カラーラインは、インテリアのメインカラーを決定づけるインテリアパネル。上記の写真では「白いパネル部分がカラーライン」となる。インテリアサーフェスと同様に、ドア側のドアアームにも備わり、室内のイメージに大きく影響する。そのため、カラーラインのカラー選びには、ボディカラーやシートカラーとのバランスを十分に検討したい。

内装のイメージは、この「インテリアサーフェスとカラーラインを組み合わせる」ことによって創り上げられる。これは、先代のMINI(R56)にも採用されているインテリアコーディネートのデザインシステムで、自分だけのMINIを選ぶワクワク感を与えてくれる。

5ドアは後席用ドアもドレスアップ

ミニ5ドアのインテリアサーフェス ピアノブラック

MINI5ドア(F55)の場合は、後席用のドアにも前席ドアと同じインテリアパネルが備わるため、室内全体をトータルにコーディネートすることができる。そのため、5ドアを購入する方には、インテリアサーフェスとカラーラインのオプションを十分に検討することを、強くお勧めしたい。

各グレードの標準装備

標準で装備されるインテリアサーフェスは、グレードによって異なるが、カラーラインは全てのグレードで同じカラーが装備される。まずは、標準装備のインテリアを見極めてから、オプションを検討しよう。(写真は海外仕様のため、助手席が右側となっている)

クーパーSとJCWの標準装備

MINI インテリアサーフェス ブラックチェッカード

ブラックチェッカード+カーボンブラック

クーパーSとジョンクーパーワークス(JCW)は、インテリアサーフェスに「ブラックチェッカード」、カラーラインに「カーボンブラック」が標準装備。

ブラックチェッカードは、艶のあるブラックをベースに、レースシーンをイメージさせるチェッカーフラッグがデザインされている。カーボン風にも見えるため、スポーティでダイナミックな印象を与える。

なお、ブラックチェッカードは、クーパーSとジョンクーパーワークス専用となるため、他のグレードで選ぶことはできない。

クーパーの標準装備

MINI インテリアサーフェス ペイジーグレー

ペイジーグレー+カーボンブラック

クーパーは、インテリアサーフェスに「ペイジーグレー」、カラーラインに「カーボンブラック」が標準装備。

ペイジーグレーは、ブラックチェッカードよりも小さいカタチのパターンがデザインされている。ライトグレーのため、ブラックチェッカードよりもダッシュボード全体を明るく演出する。スタンダードモデルのクーパーらしく、クセのない落ち着いた印象を与える。

ペイジーグレーもクーパー専用となるため、他のグレードで選ぶことはできない。

ワンの標準装備

MINI インテリアサーフェス  ONE標準

マットブラック+カーボンブラック

ワン(ONE)は、インテリアサーフェスに艶なしの「ブラック」、カラーラインに「カーボンブラック」が標準装備。

ワンのインテリアサーフェスは、艶のあるパネルではなく、ダッシュボードと一体化したようなザラザラした質感(グレイン仕上げ)のパネルになっているため、他のグレードに比べて装飾的な効果は薄い。ブラックという名称が使われているが、実際は写真よりも明るい色味でダークグレーに近い。

このパネルもワン専用となるため、他のグレードで選ぶことはできない。

参考:ドアのインテリアサーフェスに大きな違い

インテリアサーフェス クーパーSとクーパーの違い
左:クーパーS/JCW 右:クーパー/ワン

標準装備のインテリアサーフェスについて、予め知っておきたいポイントがある。それは、「クーパーS/JCW」と「クーパー/ワン」では、ドアのインテリアサーフェスに大きな違いがあるということ。

クーパーSとJCWには、ピアノブラック(写真左の艶のある黒)のパネルが標準で装備されるが、クーパーとワンには備わらない。実際に比べてみると分かるが、ドアに質感の高いインテリアサーフェスが備わると、ダッシュボードとの繋がりがうまれて、室内全体が1ランク上がったような印象になる。

クーパー/ワンのドアにインテリアサーフェスを付けたい場合は、次項で紹介するオプションのインテリアサーフェスを選ぶ必要がある。

インテリアサーフェスのオプション一覧

インテリアサーフェスのオプションは、「ピアノブラック」「ダークシルバー」「ファイヤーワーク」の3つが用意されている。オプション価格は、3ドアと5ドア共通で、クーパーとワンが27,000円、クーパーSとJCWが15,000円となる。

クーパーS/JCWは、ドアにピアノブラックのインテリアサーフェスが標準装備されているため、その分、クーパー/ワンよりも低価格になっている。

1. ピアノブラック

MINI インテリアサーフェス ピアノブラック

室内がシャープで高級感のあるイメージになるピアノブラック。レッドが使用されているジョンクーパーワークスのインテリアと相性がいい。

2. ダークシルバー

MINI インテリアサーフェス ダークシルバー

インテリアサーフェスのバリエーションの中で、室内をもっとも明るいイメージ変えるダークシルバー。ドアにも同色のパネルが備わる。

3. ファイヤーワーク

MINI インテリアサーフェス ファイヤーワーク

複雑な表情を魅せる不思議なデザインのファイヤーワーク。ブラックベースにレッドやブルーの小さなドットが織り込まれている。ドアにはピアノブラックのパネルが備わる。

カラーラインのオプション一覧

カラーラインのオプションには、「サテライトグレー」「ダークトリュフ」「シャドーグレー」「グローイングレッド」の4つが用意されている。オプション価格は、3ドアと5ドア共通で15,000円となる。

以下は、各カラーラインと主なインテリアサーフェスを組み合わせた写真を掲載している。

1. サテライトグレー

MINI ブラックチェッカードとサテライトグレー

カラーラインに「サテライトグレー」、インテリアサーフェスにクーパーS/JCW標準の「ブラックチェッカード」の組み合わせ。

MINI ピアノブラックとサテライトグレー

同様に、インテリアサーフェスに「ピアノブラック」の組み合わせ。

限定パッケージに標準装備

サテライトグレーとピアノブラックの組み合わせは、MINI3ドアのクーパー限定パッケージ「MINI 13th Anniversary Package」に標準装備されている。この組み合わせが気に入った場合は要チェック!

MINI ダークシルバーとサテライトグレー

同様に、インテリアサーフェスに「ダークシルバー」の組み合わせ。

2. ダークトリュフ

MINI ブラックチェッカードとダークトリュフ

カラーラインに「ダークトリュフ」、インテリアサーフェスにクーパーS/JCW標準の「ブラックチェッカード」の組み合わせ。

MINI ピアノブラックとダークトリュフ

同様に、インテリアサーフェスに「ピアノブラック」の組み合わせ。

MINI ダークシルバーとダークトリュフ

同様に、インテリアサーフェスに「ダークシルバー」の組み合わせ。

3. シャドーグレー

MINI ブラックチェッカードとシャドーグレー

カラーラインに「シャドーグレー」、インテリアサーフェスにクーパーS/JCW標準の「ブラックチェッカード」の組み合わせ。

MINI ピアノブラックとシャドーグレー

同様に、インテリアサーフェスに「ピアノブラック」の組み合わせ。

MINI ダークシルバーとシャドーグレー

同様に、インテリアサーフェスに「ダークシルバー」の組み合わせ。

4. グローイングレッド

MINI ブラックチェッカードとグローイングレッド

カラーラインに「グローイングレッド」、インテリアサーフェスにクーパーS/JCW標準の「ブラックチェッカード」の組み合わせ。

MINI ピアノブラックとグローイングレッド

同様に、インテリアサーフェスに「ピアノブラック」の組み合わせ。

MINI ダークシルバーとグローイングレッド

同様に、インテリアサーフェスに「ダークシルバー」の組み合わせ。

オプション価格 一覧

インテリアサーフェス

インテリアサーフェス クーパー/ワン クーパーS/JCW
ペイジーグレー 標準(ワン除く) 選択不可
ブラックチェッカード 選択不可 標準
ピアノブラック 27,000円 15,000円
ダークシルバー 27,000円 15,000円
ファイヤーワーク 27,000円 15,000円

※クーパーSとJCWは、ドアにピアノブラックのパネルが標準で備わる。

カラーライン

カラーライン 全グレード共通
カーボンブラック 標準
サテライトグレー 15,000円
ダークトリュフ
シャドーグレー
グローイングレッド

※価格は消費税8%込

関連:MINI 3ドア/5ドア オプション まとめ

オプションの組み合わせに注意

インテリアサーフェスとカラーラインのオプションを選ぶ際に、1つ注意しておきたいことがある。それは「インテリアサーフェス」と「カラーライン」は、「オプションのシート」や「ボディカラー」との組み合わせによって自由に選ぶことができない場合があるということ。

制限がかかるのは一部の組み合わせのみだが、詳しくはMINIディーラーで確認していただきたい。

例えば、クーパーSでオプションシートの「クロス/レザー ダイヤモンドカーボンブラック」を選択すると、インテリアサーフェスは、ピアノブラックかダークシルバーの2つしか選ぶことができない。同様に、カラーラインのグローイングレッドは、ボディカラーのボルカニックオレンジディープブルーアイスドチョコレートブリティッシュレーシンググリーンと組み合わせることができない。(MINI公式サイトで確認 2015年6月現在)

インテリアはMINIを長く楽しむためのカスタムポイント

mini-f56-f55-interior-surface-2

インテリアは、MINIに乗り込むたびに目に入り、ドライバーだけではなく、同乗者にもMINIらしさをアピールすることができる大事なカスタムポイント。インテリアサーフェスとカラーラインを組み合わせて、自分らしく、長く楽しめるインテリアを選ぼう。

Check!すでにインテリアが選択されているディーラーの在庫車や中古車を購入する場合は、アフターパーツメーカーから発売されている「インテリアパネル」で、お手軽にイメージチェンジすることもできる。さらに、MINIオーナーには定番の「CABANAシートカバー」を装着して、室内カラーをガラッと変えることも可能だ。

text by minicooper-sketch.com

SHARE Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

スポンサーリンク

お勧めMINIグッズ

クリックで光る!ミニクーパーのワイヤレスマウス

 選べる7色のカラーバリエーション

 MINI正規ライセンス品 クリックでヘッドライトとリアライトが点灯【送料無料】

お勧めMINIグッズ

MINI純正【 新型ミニクーパーSのミニカー 】

オレンジ/レッド/ブラックの3色

ボンネット、ドア、トランクの開閉が可能な1/18スケールの精巧モデル。