2019年末デビュー!MINI初のEV デザインスケッチを発表 | MINI COOPER Sketch

2019年末デビュー!MINI初のEV デザインスケッチを発表

MINI EV(電気自動車) コンセプト 2018年

MINIの量産型で初となる電気自動車「MINI E(仮称)」(追記「MINIクーパーSE」に決定)のデザイン・スケッチが公開。フロントグリルとホイールの2点が、詳細なスケッチによって明らかにされた。これは、2017年9月に発表した「MINI エレクトリック コンセプト」のデザインよりも、実際に販売される量産モデルに近いものとなる。

「MINIクーパーSE」は、2019年末頃からイギリスのMINIオックスフォード工場で生産をスタート。イギリスでの納車開始時期は2020年3月を予定している。電気自動車のコアであるドライブトレイン部分は、ドイツのディンゴルフィンとランツフート工場で生産されるが、電気自動車になってもMINIはイギリス生まれという伝統が守られる。

なお、MINIは電動化の先陣を切るモデルとして2017年2月にMINIクロスオーバー(F60)をベースにしたプラグインハイブリッド「クーパーS E ALL4」をリリース。これは、1.5L 3気筒のガソリンエンジンとモーターを組み合わせたシステム(BMWと共通)を採用している。

これに対し「MINIクーパーSE」は、モーターのみを搭載して、バッテリーだけで駆動する完全な電気自動車(ピュアEV)という位置づけとなる。一度の充電で走行できる距離は限られるため、短距離移動が多いタウンユースでの活用を想定したモデルとなる。BMWの電気自動車「i3」のテクノロジーがベースとなるが、バッテリー容量や航続距離(250km程度を予想)などの詳細なスペックは公式発表されていない。

伝統のMINIデザインを継承し、未来へ

スケッチ1「閉ざされたフロントグリル」

MINI E(電気自動車)フロントグリルのデザインスケッチ

1枚目のスケッチはMINIのフロントフェイスの要であるフロントグリル。現行モデルと同様に六角形のフォルムをもち、クロームメッキのフレームを備える。しかし、冷却を必要とするエンジンを搭載していないため、通気口が無い構造となっている。既存のスポーツモデルであるクーパーSやジョンクーパーワークスは、空気を取り入れるためにメッシュグリル仕様となっており、それとは対照的なルックスが目新しく映る。「MINIクーパーSE」の閉じたグリルは、ガソリンの匂いを感じさせないクリーンなイメージを助長してる。

このスッキリしたグリルには、新しい装飾として「電気」をイメージさせるイエローのアクセント・ストリップが加えられた。さらに右側にはMINIの電動化モデルのアイコンとなる「Eバッジ」が備わり、これまで慣れ親しんだ「MINIの顔」とは一線を画している。このデザインは、「MINIクーパーSE」を知らない人にも、直感的に「電気自動車」と思わせることができるほど分かりやすい。

スケッチ2.「左右非対称のホイールデザイン」

MINI E(電気自動車)ホイールのデザインスケッチ

1枚目のスケッチは、非常にユニークなホイール。左右非対称となっており、リムやホイールセンターキャップにグリルと同色のイエローを採用したバイカラーとなっている。一般的なホイールとは違い、直線的なエレメントで構成されたデザインは、昨今のスマート家電のようなルックスに映る。力強さや速さよりも、クリーンで理知的な印象をあたえる。このデザインは「MINI エレクトリック コンセプト」のホイールと同様のもので、量産モデルに取り入れられる。

MINIデザインの責任者であるオリバー・ハイルマーは語る。「MINIは都会的な洗練されたブランドで、MINIの電気自動車は、未来を見据えた新しいステップを表現しています。また初公開のスケッチでは、私たちが目指す真のデザインとはどのようなものかを示しています。これは長く培われてきたブランドの伝統から、電動化の未来への架け橋となるものです」

スポンサーリンク

MINI エレクトリック コンセプト

現行のMINI3ドアがベース

MINI E(電気自動車)コンセプトモデル フロント

MINI E(電気自動車)コンセプトモデル サイドビュー

MINI E(電気自動車)コンセプトモデル ヘッドライトとリアコンビランプ

「MINIクーパーSE」は、2014年にフルモデルチェンジした「MINI3ドア(F56)」がベースとなっている。細部のデザインは異なるものの、全体的なスタイリングに変更はない。丸いヘッドライトやフローティングルーフはMINIそのもの。リアコンビランプも、2018年5月の「マイナーチェンジ」で採用されたユニオンジャックデザインとなっている。つまり、電気自動車として完全に独立したデザインではなく、基本的なデザインはそのまま踏襲される。

量産モデルのスパイショット

デザインは突飛なものではなく、現行モデルを踏襲

MINI クーパーE(電気自動車) スパイショット

出典:motor1「フォトギャラリー

すでに海外メディアでは、テスト走行を行う量産モデルのスパイショットが報じられており、それを見ても、既存モデルのデザインからかけ離れたものにはならないことが分かる。閉じたフロントグリルやテールパイプのないリアは見慣れないが、いわゆる「電気自動車を意識しすぎたデザイン」に陥る心配はなさそうだ。

2019年11月から英国で生産開始

気になる国内発売は2020年春?

※奥のモデルは「ジョンクーパーワークス GP コンセプト

「MINIクーパーSE」は、2019年11月(予定)からイギリスで生産され、2020年3月から納車が開始される予定。国内発売時期は発表されていないが、日本のMINIにとって特別な日である「3月2日(ミニの日)」にデビューとなれば完璧なタイミング。当モデルはMINIの将来を末永く担う「完全な電気自動車の第1号」となるわけだから、後者が相応しいと思うのは筆者だけではないはずだ。

text by minicooper-sketch.com

追記

クーパーSEの基本スペック / 諸元

MINI 3ドア ミニクーパーSE(電気自動車)のスペック / 諸元

▼ クルマを高く売るなら下取りよりネット査定

翌日18時には査定額が分かる「ウーロ」

現車確認なしで翌日18時には各社の査定額を一斉表示!「ウーロ」なら概算の査定額が簡単に分かります。高額査定の買取店2社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける心配はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方にお勧めなクルマ買取サービスです。

Check!新車のMINIを安く買うコツ
ディーラーが査定した下取り額とクルマ買取店の査定額を比べて、少しでも高い方に売るのが鉄則です。10万円以上の差がつくのも珍しくありません。多少の手間で、欲しかったオプションやアクセサリーの購入資金が手に入るかも。

スポンサーリンク