マイナーチェンジしたMINIクロスオーバーが販売開始!モデルと価格

新型ミニクロスオーバー 2020年10月のマイナーチェンジ

マイナーチェンジで新しく生まれ変わった「MINIクロスオーバー(F60)」が、2020年9月30日より販売開始。10月10日より全国のMINI正規ディーラーでショールームデビューを予定している。

2代目となる当クロスオーバーは、2017年2月に発売。現行のMINIブランドで最も大きなボディと広い室内をもつ万能モデルで、その余裕のボディを活かして、MINIで唯一となるプラグインハイブリッドも設定されている。MINIのモデルラインアップの中でオーナーの平均年齢が最も若いのがクロスオーバーということから、ファミリーカーとしても人気であることがうかがえる。

新型ミニクロスオーバー 2020年10月のマイナーチェンジ ヘッドライト

新型ミニクロスオーバー 2020年10月のマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアの要となるLEDヘッドライト、テールライト、フロントグリル、フロントバンパー、リアバンパーのデザインを刷新。プレミアムコンパクトSUVとして、より力強く洗練されたルックスを手に入れた。このほか、マルチディスプレイメーターパネル(デジタルメーター)を採用するなど、装備も正常進化している。

本日発表された国内導入ラインアップは、クリーンディーゼルエンジンを搭載した売れ筋の「クーパーD(ALL4)」と「クーパーSD ALL4」、プラグインハイブリッドの「クーパーSE ALL4」、ガソリンエンジンのハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス」の5モデル。

ガソリンエンジンの「ワン」「クーパー」「クーパーS」は含まれていない。まずは人気のディーゼルモデルと、次世代の電動化モデルへの足掛かりとなるプラグインハイブリッドをメインに販売していくという姿勢がみえる。

気になる販売価格は次の通り。

モデルラインアップと価格

主力はディーゼルとプラグインハイブリッド

ミニクロスオーバー F60 クーパーSとジョンクーパーワークス

モデル 価格
(税込)
参考
マイチェン前
クーパーD 430 419万
クーパーD ALL4 454 443万
クーパーSD ALL4 510 510万
クーパーSE ALL4 510 508万
ジョンクーパーワークス 609 607万

text by minicooper-sketch.com

関連記事

マイナーチェンジの詳細解説

MINIクロスオーバーがマイナーチェンジ!ユニオンジャックテール採用!

スポンサーリンク