MINI3ドア/5ドアにMINI初のDCTを搭載!ナビと連動も

ミニクーパーのDCT

MINI3ドア、5ドア、MINIコンバーチブルに、MINIで初となる7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載。従来の6速ATよりも素早いギアチェンジが可能になり、ダイレクトでスポーティなドライビングフィールを実現する。

DCTはゲトラグ製で、クラッチの摩擦熱をオイルで冷却する湿式を採用。低速での取り扱いや、耐久性・ジャダー(振動)の軽減に優れているのが強みだ。

ワンに7DCTを先行搭載、JCWは8ATに!

DCTを搭載するミニ5ドアのクーパーD F55

2014年に発売したMINI5ドア、後席の使いやすさで人気モデルに成長

7速DCTは、2017年11月生産からMINI3ドア、MINI5ドアのエントリーモデルとなる「ワン(ONE)」に先行して搭載される。同時にワンのエンジンは1.2リッター3気筒から1.5リッター3気筒に変更。売れ筋グレードとなるクーパーとクーパーSは、「2018年3月のマイナーチェンジ(LCI)」で搭載。1.5リッターのディーゼルを搭載するクーパーDは、6速ATのまま変更なし。

追記:クーパーDもDCTに!

2020年5月からMINI3ドア、MINI5ドアのクーパーDも、6速ATから7速DCTに変更された。

また、同じく2017年11月生産からMINI3ドアのハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス」のトランスミッションを、6速ATから8速ATに変更。こちらは多段階なギアによる高効率でスムーズな走りが期待される。DCTではなくATを採用した背景は、ジョンクーパーワークスの最大トルク(320Nm)がDCTの許容できるトルクをオーバーしてしまうことにある。

同じ理由で、ジョンクーパーワークスをこえる最大トルク(360Nm)もつディーゼルのクーパーSDは、6速ATのままでDCTは搭載されない。

追記:クーパーSDも8ATに!

2020年5月からMINI3ドア、MINI5ドアのクーパーSDも、6速ATから8速ATに変更された。

スポンサーリンク

レースで培ったダイレクトな加速フィール

ミニ DCTのシフトノブ 拡大

DCTは新設計の電子セレクターバーで操る、パーキングロックはPボタン

ミニ DCTのシフトノブ

左に入れると回転数アップのSモード、そのまま前後でギアチェンジ可(従来の6ATも同じ)

DCTの技術はコンマ1秒を競い合うモータースポーツから受け継がれている。2つのクラッチを使用することにより、トルクを切らすことなく素早いギアチェンジが行えるため、レーシングカーのようにダイレクトな加速フィールを楽しむことができる。といっても難しい操作は必要なく、これまでのATと同様の操作でそれを可能としている。

DCTの電子制御システムは、アクセル開度やスピード、選択中の「MINIドライビングモード(オプション)」などを元に、ドライバーの意図に沿った最適なギアを選択する。例えば、加速を急に取りやめる状況になった場合でも、シフトアップをキャンセルして素早くシフトダウンを行うことができる。

ナビと連動して、最適なギアを選択

DCTを搭載するミニ5ドアのクーパーD F55

ミニ ナビと連動するDCT

さらに、DCTの制御システムは、ナビゲーションシステム(詳細)のデータを使用して、前方の道路に合わせたギアチェンジを行うことができる。例えば、急カーブにさしかかると、エンジンブレーキで減速できるようにシフトダウンを早めに行う。2つの連続したカーブを曲がるときは、1つめのカーブでシフトダウンした状態を維持して、そのまま2つ目のカーブに備えるなどして、不必要なシフトを避ける。そして、カーブを脱出した立ち上がりで強力な加速ができるように最適なギアを選択する。

※当機能が国内仕様車において有効かどうかは未確認。

低燃費にかかせないコースティングに対応

DCTを搭載するミニ5ドアのクーパーD F55

コースティングとは、アクセルペダルを戻すとエンジンとトランスミッションを切り離して、惰性のみで走行(空走)する機能。作動中はエンジンブレーキが効かないため、惰性での走行距離を飛躍的に伸ばすことができる。その時エンジンはアイドリング状態だから、僅かな燃料しか消費しない。つまり、前方の信号が赤になったときや前走車が減速したときに、早め早めにアクセルを戻しコースティングすることによって燃費を向上させることができる。

エンジンブレーキが効かなくなることに不安をおぼえるかもしれない。だが、ナビゲーションデータや運転支援システムのカメラ映像をもとに状況を判断して、必要であればコースティングを解除してエンジンブレーキを作動させる機能が備わっている。

コースティングは、MINIドライビングモードの「MIDモード(標準モード)」と「GREENモード(エコモード)」で使用することができる。従来(6AT)のモデルでは、GREENモードのみに限られていた。新モデルではMIDモードで元気に走りつつ、場面によってはコースティングで燃料を節約できるようになった。

動画

ワインディングを走るDCTのクーパーD

関連記事

MINI 3ドア/5ドア、コンバーチブルのマイナーチェンジを徹底解説!

text by minicooper-sketch.com

▼ 当サイトお勧め!車の査定買取サービス

車の確認なしで査定額を提示「MOTA」

現車の確認なしで各社の概算査定額がネットで分かる「MOTA(モータ)」。高額査定の買取店2社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける苦痛はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方や、しつこい電話が苦手な方にお勧めです。

▼ MINI認定中古車 「MINI NEXT」

充実の保証でMINI初心者にお勧め

MINI認定中古車は、もっとも安心して購入できるMINIの中古車です。万が一、故障が発生しても最寄りのMINIディーラーで無償修理(最長で4年間)が受けられます。はじめてのMINIで維持費が心配な方は、必ず認定中古車から選びましょう。走行距離無制限(一部除く)の保証が付くため、年間の走行距離が多い方にもおすすめです。

MINI認定中古車を見る

スポンサーリンク