爆速EV?ジョンクーパーワークス「EV」版を開発中!

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

MINIが「ジョンクーパーワークス エレクトリック(MINI John Cooper Works Electric)」のコンセプトモデルを開発中であることを正式に発表。

ジョンクーパーワークスは、MINIのトップグレードに君臨するハイパフォーマンスモデル。現行モデルでは、MINI5ドアを除くすべてのモデルに設定されている。

MINIは2017年にブランド初の電動化モデルとなるプラグインハイブリッド「MINIクロスオーバー クーパーSE ALL4」を発売(国内)。2020年には、MINIハッチバックをベースにしたピュアEVとなる「クーパーSE」を海外市場で発売している。

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

MINIブランドの責任者であるベルンド・コーバーは、これらの電動化モデルによって「MINIならではの運転の楽しさと、EV(電気自動車)が両立できることを示すことができた」、そして「今こそジョンクーパーワークスのパフォーマンスをEVに移行するとき。そのために、電動ドライブを搭載したジョンクーパーワークスのコンセプト開発に集中している」と述べている。

この勢いを見ると「ジョンクーパーワークスはEVになってしまうのか?」と不安になるが、これまでと同様にガソリンターボエンジンもリリースされるので安心したい。

ベルンド・コーバーは、「従来の内燃機関を搭載したジョンクーパーワークスは、世界中のファンのニーズを満たす上で重要な役割を持ち続けます」と補足している。

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

今回発表された開発車両は、世界限定3000台(国内導入240台)の「ジョンクーパーワークスGP」をベースにしている。GPは306psのMINI最強エンジンを搭載し、リアシートを取り払った2シーターのスペシャルモデル。エクステリアではワイドなフェンダーや巨大なリアスポイラーが特徴だ。エンジンの無いEV(BEV)ならではの変更点として、センター2本出しのテールパイプが削除されている。

コンセプトモデルの名称や責任者の発言内容に「GP」というワードは一切入っていないが、あえてこのGPをベースにしている点が様々なことを想像させる。走りのパフォーマンスがGPレベル?あるいはそれを超えるのか。バッテリーの重量アップやスペースの確保のために、2シーターになる?限定生産?などなど。

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

この猛獣のようなルックスを持って、勇ましいエンジンサウンドやエキゾーストノートが聞こえないということが寂しくもあり、新しくもある。

ガソリンエンジンをこよなく愛するコアなジョンクーパーワークスファンからは、冷たい視線を向けられるかもしれない。

いずれにしてもMINIがジョンクーパーワークスブランドを使って「EV」という新カテゴリーで、ホットハッチの頂点を狙いに来ていることが確かとなった。

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

ジョンクーパーワークス GP EV コンセプトモデル 2020年

text by minicooper-sketch.com

関連記事 Pick Up!!