ジョンクーパーワークスがマイチェン!MINI史上最強の306馬力に進化! | MINI COOPER Sketch

ジョンクーパーワークスがマイチェン!MINI史上最強の306馬力に進化!

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

大幅なパワーアップをはたしたMINIクラブマン(F54)とMINIクロスオーバー(F60)のハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス」が本国で正式発表。

新しいジョンクーパーワークスは、MINIブランド60年の歴史の中で最も強力な「306HP/450Nm」の2リッター4気筒のガソリンターボエンジン(BMW)を搭載。2017年に発売した従来型に比べ、最高出力は「75HP向上」、最大トルクは「100Nm向上」という大幅なパフォーマンスアップをはたした。これはエンジンスペックのマイナーチェンジというより、モデルそのもののクラスアップといえる。

0~100km/h加速は、クラブマンのジョンクーパーワークスが「4.9秒」、クロスオーバーのジョンクーパーワークスが「5.1秒」で、従来型より約1.5秒も速くなっている。それを物語るかのように、MINIで初めて最高速が電子制御によって250km/hに制限される。

進化はエンジンだけにとどまらず、内部効率を高め乗り心地も向上させた新しい8速ステップトロニックスポーツトランスミッション(トルコンAT)や、迫力のサウンドと新しい排気ガス規制に対応したスポーツ排気システム、高出力エンジンに対応した冷却システムや全輪駆動ALL4システム、新設計のスポーツブレーキシステム、より強化されたシャシーなど、エンジンパフォーマンにあわせて、走りのクオリティを高める主要コンポーネントが「レーシング仕様」にアップグレードされている。

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ フロントグリル

このほかエクステリアなどの変更点は、2019年4月に発表された「クラブマンのマイナーチェンジ」に準ずる。フロントグリルのメッシュ領域拡大、デイライトが完全なリング型となったLEDヘッドライト、英国旗のユニオンジャックをデザインに落とし込んだLEDリアコンビランプ、空力に最適化されたドアミラーキャップなどを備える。クロスオーバーのエクステリアは従来通り。

英国での販売開始は2019年7月から。気になる英国価格は、MINIクラブマン ジョンクーパーワークスが日本円で「約485万円」、MINIクロスオーバー ジョンクーパーワークスが「約503万円」。従来型の価格(発売開始時点)に比べ「50万円」ほどアップしている。

この価格差を国内価格に当てはめると、クラブマンは「約590万円」クロスオーバーは「約630万円」となる。おおよそ600~650万円の価格帯が予想される。プライスもMINI史上最強だ。

スポンサーリンク

新型ジョンクーパーワークスの主な改良点&特長

1. より自然なレスポンスを楽しめる高出力エンジン

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス リアビュー

MINIクラブマン(F54) ジョンクーパーワークス

ミニクロスオーバー F60 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

MINIクロスオーバー(F60) ジョンクーパーワークス

BMWグループの「2リッター4気筒ガソリンターボエンジン」を再設計。新しいエンジンは、アクセル操作のわずかな変化にも自然に反応するように改良が施された。

従来型(2017年発売)に比べ、最高出力は「231HP(170kW)」から「360HP(225kW)」、最大トルクは「350Nm/1450~4600rpm」から「450Nm/1750~4500rpm」、圧縮比は「10.2」から「9.5」に変更。0~100km/h加速は従来型より約1.5秒短縮し、クラブマンで「4.9秒」クロスオーバーで「5.1秒」というMINIの量産車で最速タイムを達成。

2. 最新の冷却システムでスポーツ走行もOK

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス フロントバンパー

レーシングのノウハウを活かした新開発の冷却システムによって、サーキット走行時でもエンジンやブレーキを最適な温度に保つ。ジョンクーパーワークス専用のフロントバンパーに備わった大型の吸気口は、スポーティなルックスにも貢献。

3. 劇的サウンド!専用のスポーツ排気システム

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス テールパイプ

新たに開発したジョンクーパーワークス専用のスポーツ排気システム。サウンドは感情を揺さぶるかのように刺激的でありながら、リラックスした普段乗りでは控え目なレベルに抑え込まれる。リアの両サイドから伸びるテールパイプの外径は、クラブマンが「95mm」クロスオーバーが「85mm」の仕様。ガソリン微粒子フィルターにより、「Euro 6d-TEMP」の排気ガス規制にも準拠する。

4. 最新の8速スポーツトランスミッション

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 8速スポーツオートマチック

従来型と同様に8速のトルコンAT(マニュアルモード付)だが、最新世代を採用することで、内部効率やシフトチェンジが洗練され乗り心地も改善。セレクターレバーは、操作の容易な電子制御式に変更。スポーツ走行にかかせない「パドルシフト(スポーツトランスミッションとセット)」も標準装備。

5. 全輪駆動システム「ALL4」も改良

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス ALL4エンブレム

MINIの全輪駆動モデルに搭載されている「ALL4」システムを、高出力エンジンやモデル特性にあわせて改良。ALL4のインテリジェントコントローラーは、DSCと相互接続され、走行状況に応じて前輪と後輪の理想的なトルク配分をリアルタイムで調整する。前輪にスリップの危険性が高まると瞬時にトルクを後輪に伝達して、安定した走行を実現する。

6. 電子制御のスポーツサスペンションも用意

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス

車高が10mmダウンするJohn Cooper Worksスポーツサスペンションを標準装備。さらにメーカーオプションで、ダンパーの減衰力を二段階で電子制御する「アダプティブサスペンション」も用意。標準装備の「MINIドライビングモード」でスポーツモードを選択すると、一段と引き締まった足回りに切り換わる。

※アダプティブサスペンションは従来から設定されているが、オプション装着する方が少ないため、レアオプションの1つとなっている。

7. 新しいブレーキシステム

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス ブレーキシステム

ブレンボと共同開発したジョンクーパーワークス専用のブレーキシステムも再設計。大型のブレーキディスクによって、300馬力オーバーのモデルに相応しい高レベルのブレーキ安定性を実現。大径ホイールから見えるレッドペイントのブレーキキャリパーには「John Cooper Works」のロゴを配置。

8. 専用のルーフスポイラー

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークスのリアスポイラー

ジョンクーパーワークス専用のルーフスポイラーは、高速域での安定性を向上。ドアミラーキャップは、従来の球型から空力を最適化した流線型に変更(クラブマン全グレード)され、躍動感のあるスタイリングをつくる。このほか、フロントとリアのエアロバンパーもジョンクーパーワークス専用のデザインを採用している。

スポンサーリンク

MINIクラブマン ジョンクーパーワークス

観音開きのバックドアを持つ超個性派のホットワゴン

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ ホイール

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ リアビュー

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ 観音開きのバックドア

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ サイドミラー

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ フロントビュー

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ ユニオンジャックデザインのリアコンビランプ

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ 内装

ミニクラブマン F54 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ  ダイナミカ レザーシート

MINIクロスオーバー ジョンクーパーワークス

MINI最大の居住空間を持つ万能型のホットSUV

ミニクロスオーバー F60 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ

ミニクロスオーバー F60 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ フロントビュー

ミニクロスオーバー F60 ジョンクーパーワークス 2019年のマイナーチェンジ リアビュー

プロモーション動画

text by minicooper-sketch.com

▼ クルマを高く売るなら下取りよりネット査定

翌日18時には査定額が分かる「ウーロ」

現車確認なしで翌日18時には各社の査定額を一斉表示!「ウーロ」なら概算の査定額が簡単に分かります。高額査定の買取店2社とだけ本格交渉できるから電話対応も最小限でOK!よくある一括査定サービスとは違って、複数の買取店から激しい電話攻勢を受ける心配はありません。できるだけ手間をかけずに、愛車をサクッと高く売りたい方にお勧めなクルマ買取サービスです。

Check!車の売却は、ディーラーが査定した下取り額とクルマ買取店の査定額を比べて、少しでも高い方に売るのが鉄則です。特に人気車種や年式の新しい車は買取店のほうが圧倒的に有利です。10万円以上の差がつくことも珍しくありません。

スポンサーリンク