「ジョンクーパーワークスGP」がニュルブルクリンクで世界初公開! | MINI COOPER Sketch

「ジョンクーパーワークスGP」がニュルブルクリンクで世界初公開!

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

2020年に世界限定3000台で発売されるMINI最速のスペシャルモデル「ミニ ジョンクーパーワークスGP(MINI John Cooper Works GP)」が、今週末(6月20~23日)の「ニュルブルクリンク 24時間レース」でデモ走行を行う。ボディカラーはカモフラージュで、車両もプロトタイプというアナウンスだが、これが実質的に市販車仕様の世界初公開となる。一部の海外メディアでは、生産の開始時期は2020年春と報じられている。

ジョンクーパーワークスGPは、MINI3ドア(F56)のハイパフォーマンスモデルである「ジョンクーパーワークス(231馬力)」をベースに、300馬力(220kW)オーバーの高出力エンジン(2L/4気筒)を搭載し、重量や空力の最適化、サスペンション等のチューニングを施したレース志向のFFモデル。初公開(デモ走行)の場にニュル24時間が選ばれたことからも、その徹底した方向性がうかがえる。

なお、同エンジンは2019年秋(国内発売時期)にマイナーチェンジするMINIクラブマンとMINIクロスオーバーの「ジョンクーパーワークス」や、2019年5月に登場したBMW 1シリーズのハイパフォーマンスグレード「M135i」にも採用されている。

ジョンクーパーワークスGP 歴代モデル

歴代のジョンクーパーワークスGP

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

ニュルブルクリンクのラップタイムは「8分切り」を達成。2012年に発売した先代の「ジョンクーパーワークスGP(R56)」が記録した「8分23秒」に対して、大幅な向上をはたした。

追記:デモ走行後にMINIから発表されたラップタイムは「7分56秒69」。これは現時点(プロトタイプ)での記録のため、2020年の発売までに更なる向上が期待される。

ちなみに、2019年現在のニュルブルクリンクFF最速タイムは、ルノー ・メガーヌR.S.トロフィーR(300馬力)が達成した7分40秒台となっている。MINI3ドアはそれよりも小さなスモールカーセグメントとなるため直接のライバルではないが、FFトップクラスの速さを持っていることに間違いはない。

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

当発表と同時に、ニュルを疾走するジョンクーパーワークスGPのオフィシャルフォトも公開された。よりアグレッシブになったフロントスポイラーやリアディフューザー、超大型のリアスポイラー、ホイールアーチを大胆にトレースするエアロフェンダーが目を引く。

今回のオフィシャルフォトでは確認できないが、ニュルブルクリンクに展示された車両をのぞき込むと、ステアリング前方にMINIで初となるデジタルゲージが搭載されているのがわかる。このデジタルゲージは、ナビやオーディオのインフォメーションを兼ね備えるもので、2019年末にデビューするMINIのピュアEV「クーパーSE」にも搭載される見通しだ。

このほか「2018年5月のマイナーチェンジ」で導入されたリング型のLEDヘッドライトとユニオンジャックのリアコンビランプ、今秋に国内発売が予定されている「クラブマンのマイナーチェンジ」と同じく、ハニカムメッシュメッシュの領域が拡大されたフロントグリル、丸形から変更された流線形のドアミラーを装着している。

スポンサーリンク

ジョンクーパーワークスGP(プロトタイプ)

ニュルブルクリンク

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年   ニュルブルクリンク

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年  ニュルブルクリンク

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年 リアスポイラー

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年 ユニオンジャックテールランプ

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年   ニュルブルクリンク

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年  リアビュー

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

ジョンクーパーワークスGP 歴代モデル

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年  フロントバンパー

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

ジョンクーパーワークスGP F56 2020年

動画

プロモーションビデオ

ニュルブルクリンク展示車両

text by minicooper-sketch.com

スポンサーリンク