MINI 3ドア/5ドア、コンバーチブルのマイナーチェンジを徹底解説! | MINI COOPER Sketch

MINI 3ドア/5ドア、コンバーチブルのマイナーチェンジを徹底解説!

ミニクーパー マイナーチェンジ 2018年

2014年に発売した第3世代の「MINI3ドア、5ドア」、および2016年発売のオープンモデル「MINIコンバーチブル」が、2018年3月にマイナーチェンジ(LCI)。国内販売は「2018年5月16日」からスタートする。

マイナーチェンジではヘッドライトとリアコンビランプに大幅なデザイン変更が施され、MINIならではの丸いヘッドライトと、英国ブランドがいっそう強められた。エンジンも全面的に改良が施され、排出ガスを削減し、燃費も僅かに向上した。トランスミッションでは、MINIで初めてとなるDCTを採用。ダイレクトで素早い変速によって、伝統のゴーカートフィーリングを盛り上げる。

車両本体価格は、MINI3ドアが「238~450万円」、5ドアが「271~407万円」、コンバーチブルが「373~523万円」。これまでオプションだったマルチファンクションステアリング等を標準化して、マイナーチェンジ前の価格より「8~26万円」の値上げとなった。

スポンサーリンク

INDEX

2018年マイナーチェンジの概要

  1. マイナーチェンジの変更点まとめ

エクステリア

  1. エクステリア(MINI3ドア、コンバーチブル)
  2. LEDヘッドライトのデザインを一新
  3. ユニオンジャックデザインのリアコンビランプ
  4. エンブレムが新しいMINIロゴに変更
  5. ボディカラーにメタリックを3色追加
  6. ピアノブラックエクステリアを追加

インテリア&インフォテイメント

  1. ナビが待望のタッチスクリーンに対応
  2. 「Apple CarPlay」に対応
  3. アプリ「MINI Conneced」が機能アップ
  4. バックライト付きのインテリアトリムを追加

パワートレイン ほか

  1. エンジンの改良(排ガス削減、燃費向上)
  2. MINI初のDCTを採用、JCWは8ATに!
  3. その他(新デザインの燃料計 ほか)

動画

  1. エクステリア、走行シーン ほか

基本スペック/価格

  1. モデルラインアップ
  2. 主な標準装備
  3. カラーバリエーション

2018年マイナーチェンジの概要

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

対象モデル

  • MINI 3ドア(F56)
    2014年4月発売
    MINIで最もコンパクトで軽快なモデル(MTもアリ)、1~2人向け
  • MINI 5ドア(F55)
    2014年10月発売
    3ドアの全長を引き伸ばし後席ドアを追加、利便性を高めた人気モデル
  • MINI コンバーチブル(F57)
    2016年3月発売
    3ドアをベースにした電動ソフトトップのオープンモデル

エクステリア

  • ヘッドライトのデザインを変更(デイライトは完全なリング型に)
  • リング型デイライトはターンインジケーターも担う(点滅する)
  • アダプティブLEDヘッドライトにはハイビーム用マトリクス機能を搭載
  • LEDリアコンビランプをユニオンジャックデザインに変更
  • エンブレムを新デザインに変更
  • ボディカラーにメタリックを3色追加(オレンジ/ブルー/グレー)
  • 新オプション「ピアノブラックエクステリア」を追加
  • 新デザインの軽量アロイホイールを追加
  • 運転席側にMINIロゴを地面に照射するプロジェクターを追加
  • フロントバンパーとリアバンパーのデザインに変更なし

インテリア

エンジン&トランスミッション

  • エンジンの改良(排ガスの削減、燃費性能が向上)
  • エンジンカバーをカーボンファイバー強化プラスティックに変更して軽量化
  • ONEのガソリンエンジンを1.2Lから1.5Lに変更
    ※マイチェン前の2018年1月から変更
  • ガソリンモデルの6速ATを7速DCTに変更
    ※ONEのみマイチェン前の2018年1月から変更
  • ジョンクーパーワークスの6速ATを8速ATに変更
    ※マイチェン前の2018年1月から変更
  • 電子制御式セレクターレバーを初採用

インフォテイメント関連

  • ナビゲーションシステムがタッチスクリーンに対応
    ※クラブマンとクロスオーバーには導入済み
  • 「Apple CarPlay」に対応
    ※ナビのディスプレイでiOS用アプリが使用できる(Siriにも対応)
  • iPhone用アプリ「MINI Connected」の機能を強化
    ※遠隔操作によるドアロック等が可能に
  • スマートフォンのワイヤレス充電に対応
  • 外部入力「AUX IN」を廃止、 USBポートを1個から2個に増設

標準装備

  • マルチファンクションステアリングが全モデルで標準化
  • ドライビングアシスト(自動ブレーキ)がワンを除く全モデルで標準化
  • アクティブクルーズコントロールがクーパーS/SD、ジョンクーパーワークスで標準化
    ※前走車との車間距離を自動で調整する機能、30km/h以上で動作し、30km/hを下回ると中断される(ストップ&ゴー非対応)
  • アームレスト(前席用)がワンを除く全モデルで標準化(MT車は非装備)
  • ワンで「クロームラインエクステリア」が標準化

スポンサーリンク

MINI3ドア クーパーS

2.0L 4気筒 ガソリンターボ&7速DCT

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

モデルラインアップは従来通りで、BMWグループのガソリンエンジンとディーゼルエンジンを搭載したモデルが用意される。

「クーパーS」は2リッター4気筒のガソリンターボを搭載したスポーツグレード。同じルックスで、2リッター4気筒のディーゼルターボを搭載する「クーパーSD」。スタンダードグレードには、1.5リッター3気筒ガソリンターボの「クーパー」と1.5リッター3気筒ディーゼルターボの「クーパーD」。エントリーグレードには、出力を抑えた1.5リッター3気筒ガソリンターボの「ワン」を用意。※ワンのディーゼルは国内未導入。

さらに、出力&トルクを向上させた2リッター4気筒ガソリンターボを搭載するハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス」が最上位に君臨する。

MINIコンバーチブル クーパーS

2.0L 4気筒 ガソリンターボ&7速DCT

ミニ コンバーチブル F57 マイナーチェンジ 2018年 スターライトブルー

ミニ コンバーチブル F57 マイナーチェンジ 2018年 スターライトブルー

MINIコンバーチブルで国内導入されているモデルは、ガソリンエンジンの「クーパーS」「クーパー」「ジョンクーパーワークス」のみ。

LEDヘッドライトのデザインを一新

リング型デイライトはターンインジケーターも兼用

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 LEDヘッドライト

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 LEDヘッドライト

ミニ マイナーチェンジ後のLEDヘッドライト ウインカー点灯

LEDヘッドライトを取り囲むデイライト(昼間用)は、Ω型から完全なリング型に変更。デイライトの外周にブラックアウトしたマージンを設けることにより、メリハリのあるルックスに仕上げている。デイライトに使用されるライトは、ターンインジケーターの役割も担っているため、車線変更や右折・左折の際にも点灯する。さらに、ハザード時にも点灯するため、巷でのアピール度はかなり大きい。このギミックは、マイナーチェンジ型を象徴するポイントになりそうだ。

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年  LEDヘッドライト デイライト

アダプティブLEDヘッドライト(オプション)のハイビームには革新的なマトリクス機能を搭載。様々な道路状況に応じて、最適な視界を提供し、フロントカメラで対向車や先行車を認識すると、他者に対して眩しくないように自動調整する。各ランプは水平に設置された4つのセグメントに分割されており、70km/h以上の速度域において、それぞれのランプが独立して点灯&消灯を行う。

参考:マイナーチェンジ前のLEDヘッドライト

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ前のLEDヘッドライト

※写真はインナーがブラック&クローム仕様になるアダプティブLEDヘッドライト

ユニオンジャックデザインのリアコンビランプ

賛否両論? マイナーチェンジ最大の注目ポイント

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 ユニオンジャックテールライト

ミニ マイナーチェンジ後のLEDテールライト ウインカー点灯

LEDヘッドライトと組み合わされるLEDリアコンビランプは、MINI発祥の国であるイギリスの「ユニオンジャック」をモチーフにしたデザインに変更。ターンインジケーターは水平のライン、ブレーキランプはイン側の垂直のラインが担う。点灯時にはMINIならではの非常にユニークなルックスを魅せてくれる。後続車へのインパクトはかなり高い。これはマイナーチェンジ型と従来型を識別するときの最も分かりやすいポイントとなる。

筆者は、斜めのラインを含めて「シーケンシャルウインカー(流れるウインカー)になれば面白いな」と思っていただけに、ちょっと残念。好き嫌いが分かれるデザインであることは言うまでもない。

マイチェン前のモデルにも装着可能!

ユニオンジャックテールはマイナーチェンジ前の前期型モデルにも装着できる。ライトそのものはポン付け可能だが、正しく動作させるためにはコーディング等の施工が必要。MINIを得意とする「カスタムショップ」では早くから取り扱っており、予想をはるかに上回る大人気となっている。費用は9~10万円ほど。

参考:マイナーチェンジ前のLEDリアコンビランプ

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ前のLEDテールライト

イマドキのスッキリしたフラットデザインに

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 新ロゴ

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 新ロゴ リア

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 マルチファンクションステアリング

フラットデザインを採用した新しいMINIロゴに変更。ボンネットとテールゲートハンドル、ステアリングホイール中央、リモートキー、インフォテイメントシステム(ナビ)のロゴが新ロゴに置き換わる。新ロゴはMINIの新しいブランドアイデンティティを現しており、具体的には「運転の楽しさ、オリジナルなデザイン、プレミアムなクオリティ」などを示す。

参考:マイナーチェンジ前のMINIロゴ

ミニ 旧デザインのエンブレム

ボディカラーにメタリックを3色追加

1. ソラリスオレンジ メタリック

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

2. スターライトブルー メタリック

ミニ コンバーチブル F57 マイナーチェンジ 2018年

ミニ コンバーチブル F57 マイナーチェンジ 2018年

3. エメラルドグレー メタリック

ミニ5ドア F55 ミニクーパーS エメラルドグレー メタリック ジョンクーパーワークスパッケージ

ミニ5ドア F55 ミニクーパーS エメラルドグレー メタリック

新たに3つのメタリックカラーを追加。「ソラリスオレンジ メタリック」、「スターライトブルー メタリック」、「エメラルドグレー メタリック」。このうち、ソラリスオレンジとエメラルドグレーは完全な新色。スターライトブルーは、先代のクロスオーバーやペースマンに設定されていた。

新色の追加によって「ボルカニックオレンジ(ソリッド)」、「ブレイジングレッド メタリック」、「ディープブルー メタリック」の3つが生産終了となる。

ピアノブラックエクステリアを追加

クロームパーツをブラックアウト

ミニ 5ドア F55 マイナーチェンジ 2018年 ピアノブラックエクステリア

スポーツグレードのクーパーS/クーパーSD専用オプションとして「ピアノブラックエクステリア」を新たに追加。外装のクローム(鏡面)パーツがピアノブラック(艶黒)に置き換わるデザインパッケージ。ヘッドライトのリング、リアコンビランプのリング、フロントラジエーターグリルのフレームが、クロームからピアノブラックに変更される。

クロームパーツのブラック化は、MINIのカスタマイズで定番の手法。精悍なルックスが好まれるクーパーSやジョンクーパーワークスでは人気のスタイル。ブラックのボンネットストライプとコーディネートすれば、スポーティさがいっそう際立つ。

なお、以前からピアノブラックのヘッドライトとリアコンビランプのリングは、ディーラーオプションの後付けパーツとして単体販売されている。

画像はピアノブラックエクステリアとJCWパッケージ(前後のエアロバンパー、サイドスカートなど)を装備したMINI5ドアのクーパーS。

スポーティなブラックコーデ

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 ピアノブラックエクステリア

画像はMINI3ドアのクーパーSに、前出のピアノブラックエクステリアとJCWパッケージ。さらにセンターに太いラインが入るスポーツストライプとフロントラジエーターにアディショナルヘッドランプを装備したスポーティスタイル。鮮やかなソラリスオレンジがグッと引き締まって、キレのある走りを彷彿とさせる。

インターフェースデザインもスタイリッシュに

ミニ 2018年マイナーチェンジ後のインテリア

ミニクーパー 2017年 仕様変更

ナビゲーションシステム(オーディオや車両設定などの機能も含む)が待望のタッチスクリーンに対応。サイドブレーキ横にあるダイヤルプッシュ&タッチパッド式の物理ボタンに加えて、スマートフォンのように画面タッチによる操作も可能となった。従来の物理ボタンよりも直感的で軽快な操作ができるため、マップのスクロールや文字入力、メニュー画面を頻繫に行ったり来たりする際の使いやすさが向上した。ユーザーインターフェース(画面デザイン)もスタイリッシュなフラットデザインに変更。

なお、タッチスクリーン対応の新しいナビは、2017年2月に発売したMINIクロスオーバーと「2016年12月の仕様変更」以降のMINIクラブマンには、すでに導入されている。

「Apple CarPlay」に対応

iPhoneアプリがナビのディスプレイで利用可能

ミニ アップル カープレイ

Apple CarPlayとは、iPhoneのアプリをナビのディスプレイに表示して利用できるサービス。車内での利用に特化した設計で、Appleではこれを「究極のドライビングパートナー」と呼んでいる。MINIだけではなく、メルセデスベンツやアウディなどの欧州メーカーから国内メーカーまで幅広く採用が進んでいる。

iPhoneをBluetooth(無線通信)で車両にコネクトすると、純正ナビの8.8インチディスプレイにメインメニューが表示され、電話やメッセージ機能はもちろんのこと、iPhoneユーザーが使い慣れたApple純正の「ミュージックアプリ」や「マップアプリ」などが使えるようになる。サードパーティーのアプリも利用できるため、将来的な可能性は非常に大きい。

例えば、これまでiPhoneのカーナビアプリ等を利用したい場合には、ダッシュボードの見やすい位置に車載ホルダーでiPhone本体を固定する必要があった。だが、Apple CarPlayを利用すればナビの大きなディスプレイにマップを表示することができるため、本体の位置に制限がなくなり、格段に使いやすくなる。

操作はタッチスクリーンとセンターコンソールにあるMINIコントローラーのほか、音声認識(Siri)によって、運転中に電話をかけたり、お気に入りのミュージックプレイリストを呼び出すなど、様々なアクションをノールックで行うことができる。ショートメッセージを読み上げたり、その返信メッセージを声で入力することも可能だ。

「Apple CarPlay」は、メーカーオプションの「APPLE CARPLAY & WIRELESS PACLAGE」で提供される。このオプションパッケージには、アームレスト内でスマートフォンのワイヤレス充電ができる「ワイヤレスパッケージ」や、パドルシフトが付く「John Cooper Works ステアリング」も含まれる。ただし、Apple CarPlayが使える「有効期間は3年間」となるため、継続的に使用するには追加費用が必要となる。パッケージ価格は、クーパー/クーパーDで、133,000円、クーパーS/クーパーSDで、75,000円。エントリーモデルのワンは選択できない点に注意したい。

なお、Bluetoothは全モデルで標準装備されているため、「Apple CarPlay」が無くてもハンズフリー通話やオーディオ再生は可能だ。

詳細:Apple公式ページ「Apple CarPlay

アプリ「MINI Conneced」が機能アップ

スマホから遠隔操作でドアロック等が可能に

MINI Connected

従来からリリースされていたiPhone(iOS)用アプリ「MINI Conneced」の機能も強化。車外から遠隔操作でドアの施錠や解錠、ベンチレーション(換気)を起動させて、蒸し暑い季節も車内を快適にスタンバイしておくことができる。タイマーで指定した時間に起動させておくことも可能。ヘッドライトを点灯させることもできるため、夜間の広い駐車場でも自車を見つけやすくなる。

ナビを便利にする「Send to Car」機能では、パソコンやスマートフォンで検索した目的地をナビにインポートできるようになった。「MINIオンライン」では、車載の通信モジュールで最新ニュースや天気予報を取得することが可能。走行中にニュースを読み上げたり、現在地や目的地の天気を確認することができる。

「MINI Conneced」は、ワンを除く全モデルで標準装備。ただし、通信モジュールを使った機能の有効期間は3年間となる。

バックライト付きのインテリアトリムを追加

任意の照明カラーを選択可能

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 インテリア

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年

オプションに「MINI Yours インテリアスタイル ピアノブラック イルミネーテッド」を追加。助手席側のインテリアトリムにバックライトが備わり、ユニオンジャックデザインのグラフィックがナイトドライブを盛り上げる。照明カラーは、エキサイトメントパッケージ(室内の照明カラーを選択できるオプション)と連動しているため、その時の気分によってレッドやブルー、グリーンなどに変更することができる。

エンジンの改良

環境に優しくなり、燃費も改善

エンジンに改良を施しCO2排出量を削減。実燃費も僅かに向上している。改良範囲は、エンジン基本部分、MINIツインターボテクノロジー、エンジンエレクトロニクス、給油、吸気ダクト、冷却システム、排気システムなど幅広い。新しいデザインのエンジンカバーは、カーボンファイバー強化プラスティックを採用して軽量化。最高出力と最大トルクは従来通りだが、高回転まで回した時の排気音は、以前よりもスポーティなサウンドに味付けされている(ガソリンエンジン)。

エントリーモデルのONEは1.5Lに

エントリーモデル「MINI ONE」のガソリンエンジンを、1.2リッター3気筒から1.5リッター3気筒に変更。上位モデルのクーパーと同じ排気量になった。出力はそのままだが、トルクは僅かにアップ(10Nm)している。実際にはマイナーチェンジ前の2018年初頭のモデルから先行導入されている。

新エンジンはトルクバンドに変化あり

改良したガソリンエンジンは、最大トルクを発揮する回転域が以前よりも狭くなった。クーパーは「1250-4300rpm」から「1480-4100rpm」、クーパーSは「1250-4600rpm」から「1350-4600rpm」、ジョンクーパーワークスは「1250-4800rpm」から「1450-4800rpm」に変更されている。

MINI初のDCTを採用、JCWは8ATに!

ダイレクトでスポーティな加速を実現

ミニ 3ドア F56 マイナーチェンジ 2018年 DCT

6速ATからMINIで初採用となる7速DCT(ダブルクラッチトランスミッション)に変更。新設計の電子制御式セレクターバーで操るDCTは、インテリアのルックス面でも大きな違いを感じさせる。

DCTはトルクを失うことなくダイレクトで素早い変速が行えるため、従来のトルコンATよりもスポーティなドライビングフィールを楽しむことができる。その反面、交通渋滞時などでノロノロ走行が多用される場面では、ATほどスムーズに変速できないというデメリットを持ち合わせているが、その差は僅かであり実際にはそれほどストレスにならない。

DCTが搭載されるモデルは、ガソリンエンジンのMINI ワン、クーパー、クーパーS、ディーゼルエンジンのクーパーDは従来通り6速ATで変更なし(海外仕様はDCT)。クーパーSにはパドルシフトが付くスポーツDCTも用意。スポーツDCTは、セレクターバーにレッドラインが入りスポーティなルックスになる。

同様に、クーパーSをベースにしたハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス(JCW)」は6速スポーツATから8速スポーツATに変更。DCTは対応するトルクに制限があるため、320Nmの太いトルクを発揮するジョンクーパーワークスには搭載できない。コンパクトカーの中で8ATを搭載しているのはユニークな存在。強力なエンジンパフォーマンスを効率的に扱うことが可能となり、スムーズなドライブフィールと燃費の向上が期待される。

ディーゼルのスポーツモデルであるクーパーSDは、従来の6速ATから変更なし。SDのディーゼルエンジンはジョンクーパーワークスを超える360Nmの極太トルクを発揮するため、海外仕様では8速ATが与えられている。

マイナーチェンジで燃費が悪化?

新しいトランスミッションと改良エンジンによって燃費性能は向上したが、カタログ燃費は従来より悪化した。これは日本の燃費基準であるJC08モードに最適化されていないためであり、実際の燃費は僅かに向上している。

関連記事:DCTの詳細

MINI3ドア/5ドアにMINI初のDCTを搭載!ナビと連動も

その他

  • ミニ 3ドア F56 5ドア F55 マイナーチェンジ 2018年 燃料計燃料計は「2017年7月の改良」から視認性の高いグリッドメモリタイプに変更されている
  • ミニ 3ドア F56 5ドア F55 マイナーチェンジ 2018年 センターコンソールインストルメントパネルに変更はないが「2017年7月の改良」からMINIドライビングモードのスイッチが移設されている
  • ミニ 3ドア F56 5ドア F55 マイナーチェンジ 2018年 ミニユアーズカスタマイズドレスアップパーツをオンラインで作成&発注できる新サービス「MINI Yours カスタマイズ」で作成したサイドスカットル
  • ミニ 3ドア F56 5ドア F55 マイナーチェンジ 2018年 ドアミラー プロジェクタードア開閉時に運転席ミラー下部に埋め込まれたプロジェクターからMINIロゴを投影(国内仕様は右側)※オプション

動画

公式プロモーション

デトロイトショー2018で初公開

MINI 5ドア クーパーS(JCWパッケージ)

LEDライトの動作やインテリアの詳細、走行シーン

ラインアップと基本スペック

MINI 3ドア/5ドア

ワン

ミニ5ドア F55 ワン マイナーチェンジ

クーパー/クーパーD

ミニ5ドア F55 クーパー マイナーチェンジ

※ユニオンジャックのLEDリアコンビランプはオプション

クーパーS/クーパーSD

ミニ5ドア F55 クーパーS マイナーチェンジ

MINI 3ドアのラインアップ

2018年5月
マイナーチェンジ
MINI 3ドア (F56)
ガソリンエンジン ディーゼルエンジン
ワン クーパー クーパーS ジョンクーパー
ワークス
クーパーD クーパーSD
価格(税込) DCT 256万円
MT 238万円
DCT 312万円
MT 294万円
DCT 372万円
MT 354万円
AT 450万円
MT 432万円
329万円 389万円
下記はマイナーチェンジ前
DCT 244万円
MT 230万円
AT 286万円
MT 272万円
AT 356万円
MT 342万円
AT 435万円
MT 418万円
306万円 376万円
変速機 7DCT / 6MT 8AT / 6MT 6AT
海外仕様は7DCT
国内導入は?
6AT
海外仕様は8AT
国内導入は?
下記はマイナーチェンジ前
6AT / 6MT
ワンは2018年初頭から7DCT
6AT / 6MT
2018年初頭から8AT
6AT
エンジン ガソリン ターボ ディーゼル ターボ
1.5L 3気筒 2.0L 4気筒 1.5L 3気筒 2.0L 4気筒
最高出力 102ps 136ps 192ps 231ps 116ps 170ps
最大トルク 190Nm 220Nm 280Nm 320Nm 270Nm 360Nm
加速 0-100km/h
※参考値
10.2秒 7.8秒 6.7秒 6.4秒 9.2秒 7.2秒
燃費(JC08) DCT 17.8km/L
MT 17.9km/L
DCT 17.7km/L
MT 17.4km/L
DCT 16.4km/L
MT 15.1km/L
AT 15.8km/L
MT 14.5km/L
23.9km/L 23.8km/L
下記はマイナーチェンジ前
AT 19.2km/L
MT 20.2km/L
AT 18.3km/L
MT 19.6km/L
AT 17.6km/L
MT 15.8km/L
AT 16.6km/L
MT 14.8km/L
23.9km/L 23.8km/L
燃料 ハイオク 軽油
主要諸元 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
定員 4名
全長/全幅/全高 3860×1725×1430mm
ホイールベース 2495mm
最小回転半径 5.2m
荷室容量 211L

MINI 5ドアのラインアップ

2018年5月
マイナーチェンジ
MINI 5ドア (F55)
ガソリンエンジン ディーゼルエンジン
ワン クーパー クーパーS クーパーD クーパーSD
価格(税込) 271万円 328万円 388万円 347万円 407万円
下記はマイナーチェンジ前
259万円 304万円 374万円 324万円 394万円
変速機 7DCT 6AT
海外仕様は7DCT
国内導入は?
6AT
海外仕様は8AT
国内導入は?
下記はマイナーチェンジ前
6AT
ワンは2018年初頭から7DCT
6AT
エンジン ガソリン ターボ ディーゼル ターボ
1.5L 3気筒 2.0L 4気筒 1.5L 3気筒 2.0L 4気筒
最高出力 102ps 136ps 192ps 116ps 170ps
最大トルク 190Nm 220Nm 280Nm 270Nm 360Nm
加速 0-100km/h
※参考値
10.5秒 8.1秒 6.8秒 9.5秒 7.3秒
燃費(JC08) 17.5km/L 16.3km/L 16.4km/L 23.9km/L 23.8km/L
下記はマイナーチェンジ前
19.2km/L 18.3km/L 17.6km/L 23.9km/L 23.8km/L
燃料 ハイオク 軽油
主要諸元 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
定員 5名
全長/全幅/全高 4015×1725×1445mm
ホイールベース 2565mm
最小回転半径 5.6m
荷室容量 278L

MINI コンバーチブル

クーパー

ミニコンバーチブル F57 クーパー マイナーチェンジ

クーパーS

ミニコンバーチブル F57 クーパーS マイナーチェンジ

2018年5月
マイナーチェンジ
MINI コンバーチブル (F57)
ガソリンエンジン
クーパー クーパーS ジョンクーパー
ワークス
価格(税込) 373万円 425万円 523万円
下記はマイナーチェンジ前
348万円 410万円 505万円
変速機 7DCT 8AT
下記はマイナーチェンジ前
6AT 6AT
エンジン ガソリン ターボ
1.5L 3気筒 2.0L 4気筒
最高出力 136ps 192ps 231ps
最大トルク 220Nm 280Nm 320Nm
加速 0-100km/h
※参考値
8.7秒 7.1秒 6.8秒
燃費(JC08) 16.4km/L 15.5km/L 15.4km/L
下記はマイナーチェンジ前
16.7km/L 16.3km/L 15.6km/L
燃料 ハイオク
主要諸元 詳細 詳細 詳細
定員 4名
全長/全幅/全高 3860×1725×1415mm
ホイールベース 2495mm
最小回転半径 5.15m
荷室容量 215L(幌クローズ時)

主な標準装備

衝突回避・被害軽減ブレーキを標準化

MINI3ドア/5ドア * マイナーチェンジ前はオプション
装備品 ワン クーパー クーパーS ジョンクーパー
ワークス
クーパーD クーパーSD
ナビ
MINI Connected
LEDヘッドライト
LEDリアコンビランプ
LEDリアコンビランプ
ユニオンジャックデザイン
マルチファンクションステアリング
ドライビングアシスト
衝突回避・被害軽減ブレーキ
アクティブクルーズコントロール
前走車に自動で追従、30km/h以上で動作し、30km/hを下回ると中断される(ストップ&ゴー非対応)
※「コーディング」で動作速度の変更とストップ&ゴーの有効化が可能

※一部の標準装備に誤りがありましたので、訂正しました(5/16)。

カラーバリエーション

新色「ソラリスオレンジ メタリック」

ミニ3ドア F56 ミニクーパーS ソラリスオレンジ メタリック

新色「エメラルドグレー メタリック」

ミニ5ドア F55 ミニクーパーS エメラルドグレー メタリック ジョンクーパーワークスパッケージ

新設定「スターライトブルー メタリック」

ミニコンバーチブル F57 ミニクーパーS スターライトブルー メタリック

text by minicooper-sketch.com

スポンサーリンク